【N】-183系・189系波動用車リスト-幕張波動用車製品化!N102は現役!(2018.7)

スポンサーリンク

巷では189系長ナノN102編成が話題の木曽あずさ号をはじめとする臨時特急あずさ号やムーンライト信州91号で大活躍ですね!

飽きるくらい乗っていた183系・189系がもう風前の灯とは、時代も変わったものです。

彼らにカメラが多く向くようになったのは、大宮・幕張・田町の波動用が185系に置き換えられた辺りからの印象です。

あとは絵幕でも出さなきゃ来ても撮らないくらいの興味の持たれなさだった印象……

今回は、長生きしたうえで更に特定編成として製品化された、ラッキーな波動用車特集です。

実車の動きについては詳しいサイトがあるかと思いますが、簡単に紹介しています。

 

豊田車  M50 M51 M52

98612 189系電車(M50編成 あずさ色)セット

98612_a.jpg
98612_h.gif
実車状況:廃車
在庫状況:ー


実車と模型の紹介
豊田の波動用車として長らく活躍していたM50編成。
ももずきんになったり快速むさしの号にぶち込まれたりと結構波乱の車両です。
新あずさ色維持を続け、同色の幕張車が廃車された後は最後のあずさ色として活躍していました。

98601 189系電車(M51編成・復活国鉄色)セット

98601_a.jpg
98601_h.gif
実車状況:廃車
在庫状況:ー


実車と模型の紹介
元田町の波動用車で、185系転用にあわせて豊田に追加されました。
田町時代からの国鉄色を維持していました。
途中で特急マークが復活して、引退直前にJNRマークまで再現されていました。

92892 189系電車(グレードアップあずさ復活色・M52編成)セット

92892_a.jpg
92892_h.gif
実車状況:廃車
在庫状況:ー


実車と模型の紹介
元田町の波動用車で、185系転用にあわせて豊田に追加されました。
田町時代からの国鉄色を維持していましたが、グレードアップあずさ色のリバイバルに。
臨時あずさに充当すると唯一グレードアップしている車両が自由席という、なんとも不思議な状態。
しかし、車内設備が一番充実しているので、優先的に特急運用に充てられていました。

長野車  N101 N102 N103 N104

長野車と幕張車は現役配置の歴史が長かったので区切りが難しいところですが、比較的安定した

N101-103 3編成体制と、高崎からもらってきた編成でカテゴリしています。

98930<限定>183・189系電車(N101編成・国鉄色)セット

92876 JR 183・189系電車(N101編成・あさま色)セット


92876_a.jpg
92876_h.gif
実車状況:廃車
製品状況:▲? / ー


実車の紹介
N101編成は、はまかいじ号日中2往復体制時の専属編成として、ATC搭載していたのが特徴です。
……と書くとちょいと語弊があって、もともと改造されていたクハに組み替えたので、最後のATC搭載編成といったところでしょうか。
晩年はあずさ・かいじ絵幕に特急マークという最強装備で大人気でした。

98637 189系電車(N102・あさま色)セット

98637_a.jpg
98637_h.gif
実車状況:現役
在庫状況:ー


実車の紹介
今を時めくN102編成、妙高号廃止直前に検査時期が来たことが明暗を分ける結果となりました。
結果はご存知の通り、いまだに特急としても頑張る車両です。
かたや、検査切れ寸前ボロボロで妙高号を終えたN103編成は、模型化もされず早々に廃車と不運でした。
が、碓氷峠廃止で廃車になった圧倒的多数を考えれば、十分使命を全うしているでしょう。
私はN103が乗車回数一番多かったので、残念。
N104編成については後述の大宮車を。

大宮車  OM101 OM102 OM103 OM201

OM101 OM102 OM103
実車状況:廃車


実車の紹介
残念ながら製品化されていません。
改造車が含まれていたり、特急マークの残存率が高かったり、12両編成で走ったり、高崎線系統や初詣などの絵幕があって人気でした。
OM103→のちの長ナノN104編成が両側に特急マーク付いていて当時は当たりでした。
が、長野転属後はあずさ・かいじ幕が無くて長野ではハズレ編成になっての引退でかわいそうでした。
乗り鉄するにはグレードアップされてていい設備だったんですがね。
個性が強すぎるので、製品化はあまり期待できません……。

98901 189系電車(日光・きぬがわ)セット

98901_a.jpg

実車状況:廃車
在庫状況:〇

実車と模型の紹介
OM201編成は、彩野という愛称がついていた波動用編成です。
東武相直特急運転開始にあわせてこのカラーになりましたが、その前はやすらぎの日光号などとして活躍していました。
485系の突発代走や、臨時便などで活躍していました。
計画代走のときはスペーシアというのが基本ルールだったので、運転開始当初はかなりのレアキャラでした。
設備が485系改造車やスペーシアには敵わなかったので見劣りこそしていたものの、最後まで第一線という意味では、一番幸せな終わり方をしていると思います。
模型としても、一緒に遊べる車両が多いのでいいですね!

 

田町車 H101 H102 H81 H61

実車状況:廃車


実車と模型の紹介
ムーンライトながらの臨時運用や修学旅行などで活躍していたグループです。
利用したことある方も多いかとは思いますが、撮り鉄さん的には特急マークも絵幕もないのでいまいちでした。
それでも、8M2Tの10両編成で爆走する姿は往年を彷彿とさせるよいものでした。
早々に無くなったM41編成を除いて34両が在籍していて、そのうち12両が豊田のM51,M52に転用されています。

 

幕張車  M31 M32

98645 183-1000系電車(幕張車両センター・あずさ色)セット


98645_a.jpg
98645_h.gif


実車状況:廃車
在庫状況:2018年9月発売予定


実車と模型の紹介
幕張に籍を置いているのにあずさ色、幕張に籍を置いているのに東大宮常駐という、なかなか変わった車両でした。
千葉支社が自身で自由に使える車両を所有しておいて里子に出すスタイル、E257にもしっかり引き継がれていますね。
千葉に所属する中央線特急色の電車が上越線を走るという不思議な光景ももう見納めですね。
豊田3姉妹が好評だったからか、2018年9月に製品化が決定しています。
引退してしばらく経った特定編成の製品化ってなかなか珍しいのではないでしょうか?
豊田の車両が189系だったのに対して、こちらはれっきとした183系です。
さよなら運転ではM31がかいじ風、M32があずさ風ステッカーでした。
……というのも、あずさ・かいじの方向幕持ってなかったのですよね。
このカラーリングで毎年臨時便に使われていたのに。
当時のファンには渋られていた理由です。
長野車が幕持っていたから人気だったかな。
そんな東日本の183系のフィナーレを飾ったM31,M32編成、ご家庭にぜひどうぞ。

 

おまけ 幕張車;C1 C2 C3 C4編成


183_liner_1_l.jpg
10-488 183系中央ライナー
実車状況:廃車
在庫状況:ー
実車と模型の紹介
ライナーで定期運用を持っていたので波動用というのは少し違う気もしますが、それは長野車も同じ……
ということで。
最後まで9両固定編成を貫いていたグループです。
ライナー運用以外だと、新宿さざなみ号をはじめとする房総特急代走や、あずさ臨時などでも人気の編成でした。
鉄道博物館に保存されているのはこのグループのC4編成です。
ようやっとKATO製品を扱えました・・・・・・