【実車news】2018/11/17さいたま車両センターまつり開催

スポンサーリンク

2018年11月17日(土)、さいたま車両センター(旧:浦和電車区)の車庫公開イベントがあるようです。

告知ポスターにてひっそりと公開のアナウンスとなっています。

前回公開は名称が浦和電車区だった2014年。その前はなんと開設40周年を記念した2002年。

他所の公開より頻度が低いので、京浜東北線のファンの方はぜひ!

彩を添えるべくいろんな形式を並べる車庫公開が多いなか、保安装置の都合もあって単一形式をずらっと並べる車庫公開、実はレア?

 

開演時間10:30~15:00

雨天決行・最終入場14:00

開演……ポスターが誤字ですね(笑)

入場無料・駐輪場あり・駐車場なし

駅弁販売・飲み物販売あり

 

イベント詳細

・車内放送体験

・運転台記念撮影

・車体洗浄機体験

・鉄道模型展示

・ミニ新幹線乗車体験

・車両移動機乗車体験

・車両部品展示

・レールスター乗車体験

・イベント限定品配布(無くなり次第終了)

 

主催:さいたま車両センター

協賛:大宮支社、浦和地区、さいたま車掌区、蕨保線技術センター、(株)JR東日本運輸サービス

 

他の路線の車両展示はある?

4年前の浦和電車区公開では、以前所属していた事業用のクモヤ143型が展示されていました。

京浜東北線ではATCが使用されており、保安装置上入線可能なのはこのクモヤ・Easti-E(在来線のドクターイエロー)・横浜線E233系6000番台・山手線E235系・はまかいじ号で使用される185系B5編成と数えるほどとなっています。

 

E233系単体のイベントに

前日の臨時回送情報もなかったように、他所からのゲスト展示が多い車庫公開では珍しくE233系1000番台をひたすら展示するイベントとなったようです。

マニアックな内容かもしれませんが、普段の車庫を見学する、という意味ではいいイベントなのではないでしょうか。

客寄せに電気機関車呼んできてマナーが~~みたいなイベントも多いなかで、さいたま車両センターの公開はゆっくり楽しめる良イベントかと思います。

京浜東北線が好き・E233系が好きという方にはこの上ない内容です。

 

 

【プラレール】製品紹介_S-33 E233系京浜東北線_E233系最大勢力
S-33 E233系京浜東北線プラレール S-33 E233系京浜東北線実車紹介京浜東北線の209系を一斉淘汰するために大量導入された形式です。JR東日本の3000両を超えるE233系ファミリーの中でも最多両数を保っています。製品について標

 

 

 

 

・沿線の東北本線系統の動き。沿線の方は記録をお早めに…!

 

【実車news】新型E235系高崎・宇都宮・東海道線導入の真偽とE231転属を検証!
JR東日本では9月、山手線の次のE235系投入先として、横須賀線・総武線快速と発表しています。 さらに、一部にてその次にE231系近郊型の転用を目的として、上野東京ライン・湘南新宿ラインへ投入されるのではないかという説が出回っています。 今回は、今までに出揃っている情報を整理し、転配が行われる路線を検証します。

コメント