JR東日本

JR東日本

新宿~富士山河口湖を結ぶ直通特急が2019年3月から・両社の思惑は?

JR東日本から、新宿~河口湖を結ぶ直通特急を2019年3月改正から運転開始の報道がありました。 JR東日本・富士急行の思惑と今後の展開を推察していきます。
JR東日本

【引退間近】E257系松本車運用表・2018年度版+E353系9両編成も

いよいよ引退迫るE257系松本車。 2018年3月のダイヤ改正で、E257系の運用分離がされてからの運用表を作成してみました。 E353系が9両編成運用を開始した2018年7月1日以降の最新版(E257系0番台にとっては最終版……)となります。
JR東日本

【スーパービュー】新型特急E261系投入で引退迫る251系・置き換え後の転用は?内部劣化が深刻?

2020年に新型車両E261系が投入されることにより、251系については引退が確実視されています。 特殊な設計が自慢の車両ですが、引退後の転用はあるのでしょうか。 今回は251系電車の過去と未来をまとめました。 ...
JR東日本

【JR東日本】特急列車車掌1名化が中央線でも実施・安全性やトラブル対応は大丈夫?

中央線特急列車「あずさ号」「かいじ号」でも、常磐線特急「ひたち号」「ときわ号」のように全席指定席化の最終目標として、車掌を2名→1名に減員することが濃厚となっています。 組合からの発表と、JR東日本から正式に全席指定席化が行わ...
JR東日本

中央線特急あずさ・かいじ全席指定化正式発表・はまかいじは?

対象区間として、 千葉・東京・新宿~甲府・松本・南小谷間を運転するあずさ号・かいじ号などの全列車としています。 ひたち・ときわ方式の料金形態、トクだ値の設定、あずさ回数券・中央線料金回数券・信州特急料金回数券の廃止というおおむね予想通りの内容です。
JR東日本

185系B4編成で塗装試験・E257系東海道線「踊り子」転用計画はどうなる?

長野総合車両センターにて廃車・解体待ちとなっている185系宮オオB4編成廃車体にて塗装試験が実施されている模様が各種サイトにて取り上げられています。 白地にE261系を思わせる濃青色と、E261系とは異なる塗り分け方、他に新デザインを使用する話題がないことから、E257系転用車両の塗装試験なのではないかという説が有力です。
JR東日本

新型E235系高崎・宇都宮・東海道線導入の真偽とE231転属を検証!

JR東日本では9月、山手線の次のE235系投入先として、横須賀線・総武線快速と発表しています。 さらに、一部にてその次にE231系近郊型の転用を目的として、上野東京ライン・湘南新宿ラインへ投入されるのではないかという説が出回っています。 今回は、今までに出揃っている情報を整理し、転配が行われる路線を検証します。
JR東日本

【実車news】2018/11/17さいたま車両センターまつり開催

2018年11月17日(土)、さいたま車両センター(旧:浦和電車区)の車庫公開イベントがあるようです。 告知ポスターにてひっそりと公開のアナウンスとなっています。 前回公開は名称が浦和電車区だった2014年。その前はなんと開設40周年を記念した2002年。
JR東日本

【実車news】2018/11/3 川崎駅ホーム拡幅工事の見所を分析!

2018年11月3日、川崎駅にてホーム拡幅工事のための迂回運転・折り返し運転が実施されます。 特急の迂回運転や普通列車の珍しい行先など、好きな人のツボを刺激する列車が多数設定されています。 今回は、品川駅改良工事とは少し異なる運転計画に基づいた見どころをダイヤ・発表情報から分析していきます。
JR東日本

埼京線誕生から33年・埼京線の歴史と今後

埼京線は、「湘南新宿ライン」などと同じように、正式な路線名ではなく愛称です。 大崎~池袋は「山手貨物線」、池袋~赤羽は「赤羽線」、赤羽~大宮は「東北本線支線」となります。 また、直通運転先として、川越駅~大宮駅の「川越線」、大崎から先は「東京臨海高速鉄道りんかい線」です。 それぞれの路線の歴史・現在に至るまでを解説していきます。