【高崎線有名車掌】あの「英語車掌」が退職!?出版やクラウドファンディングも

スポンサーリンク

皆さんは高崎線系統の名物車掌の「英語車掌」さんをご存知でしょうか?

高崎線などで飛行機の機長放送を彷彿とさせる英語放送を肉声でされていた、沿線ユーザーや放送が好きな鉄道ファンに広く知られていた有名車掌さんです。

なんと彼はJR東日本を既に退職をされ、今後は自身の経験や勉強ノウハウを多くの人に広める活動をされていくとのことです。

「英語車掌」の当サイトでしか読めない意外な過去、そしてこれからの活動を紹介します。

「英語車掌」SEKIDAIさんのプロフィールと意外な過去

落ち着いた声質も相まって、かっこいい!!とネット上でも大きく話題となり、利用客が投稿したYouTubeの動画は軒並み高いアクセス・トップ動画は7桁再生を誇る有名な車掌さんです。

現役時代の所属はJR東日本の籠原運輸区で、高崎線をベースに上野東京ライン・湘南新宿ラインといった路線に乗務されていました。

SEKIDAIさんのJR東日本への入社は2002年のことで、車掌さんのほとんどが駅採用スタートのなか、なんと新幹線の保線係としての入社となっています。

入社後に車掌に憧れて、社内の車掌試験を受けたものの、4年連続不合格という挫折を経験されています。

苦労すること5年目となる2007年に、念願の車掌試験に合格されています。

社内でも業種が異なる部署にいらっしゃったこともありなかなか苦労をされていますが、彼のその粘り強さ・熱心さが後に英語車掌というアイデアを生み出す土壌となったのかもしれません。

きっかけは車掌室に訪れた外国人観光客

車掌として籠原運輸区にて「独り立ち」をされたSEKIDAIさん。

きっかけは急停車の際に停電が発生したときに、外国人観光客が心配そうに車掌室に訪ねてきたそうです。

当サイトをお読みの方の多くは鉄道ファンだったり、鉄道現業さんだったりでしょうから、エアセクション停車だから仕方ないね!となります。

しかしながら、そもそも一般のお客様の99%はエアセクション停車の意味が分かりません

私自身も当然エアセクション停車の旅客案内を経験していますが、事故や車両故障といった利用客に分かりやすいトラブルではないため、なかなかお客様への案内は難しく感じました。

これは私の知る各社の友人車掌さんとも飲み会などで話題となりますが、車内照明が消えて電車が止まっている、でも故障ではないという安心をお伝えする言葉選びはなかなか難しいものです。

そんな日本語でも説明が難しいエアセクション停車を、海外からのお客様にどう伝えればよいでしょうか……当時は英語が全然しゃべれなかったSEKIDAIさんが英語放送の必要性を感じた瞬間だそうです。

その後さまざまな英語の勉強を短期間で行い、始めた英語の肉声放送。

乗客からは「カッコいい!」「オリンピックに向けての取り組みか?」「日本人にこんなクールな人がいたのか?」と、国内外から沢山の称賛の声があった一方で、「個人プレーだ!」「日本人しか乗ってないだろ!」「自分の能力をひけらかして!」という声もあり、なかなか難しかったそうです。

そして、やはり取り組むハードルの高さから第二の英語車掌はなかなか現れず、駅や乗務員の独学に頼っている側面が多く、2019年(令和元年)現在も、会社が音頭を取って肉声での英語放送を取り組んでいる会社はJR東海と伊豆急行くらいです。

しかしながら、日本の大動脈である東海道新幹線で一斉に始まり、利用者の間ではかなりの話題となりました。

今後の活動は? クラウドファンディング開始

2019年(平成31年)最近JR東日本を退職したばかりSEKIDAIさん。

この本では、英語ダメダメ人間だったSEKIDAIさんが、英語車掌と呼ばれるようになった学習方法を時系列的に知ることができます。何がキッカケで英語を学ぼうとしたのか、書店に行ってどのような参考書を選んだのか?スピーキングの練習はどのような事をしたのか?

などなど……当サイトの読者さんにも英語は苦手だけど、必要性は感じている。そんな方も多いでしょう。

元車掌さんから学ぶ英語学習スキル、鉄道趣味の方や鉄道現業の方にはかなりとっつきやすいのではないでしょうか。

2019年(令和元年)には2冊目の出版も決まっているほか、SEKIDAIさんはアメブロの毎日更新も頑張っていらっしゃるので(私も見習わないとですね……)、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

新しいクラウドファンディング開始!

「英語車掌」となり、現在は商業出版2冊が決定したSEKIDAIさん。

その成功の秘密は、「時間の使い方」と「自分の使い方を知る」ことだけです。

このポイントを抑えれば、誰でも、どのようなジャンルでも、頭一つ飛び抜けられます。

8月に初めて開催されるセミナーでは、2時間でその方法を包み隠さずお伝えします。

セミナーに興味がある方、SEKIDAIさんを応援したい方、詳細は下記の記しております。

英語車掌SEKIDAIセミナーin東京「ごく普通の人間がオンリーワンになる方法」
僕は、ごく普通の環境から「英語車掌」となり、商業出版2冊決定しました。その成功の秘密は、「時間の使い方」と「自分の使い方を知る」ことだけです。このポイントを抑えれば、誰でも、どのようなジャンルでも、頭一つ飛び抜けられます。このセミナーでは、2時間でその方...

「英語車掌」と考える公共交通とインバウンド ほか独占インタビューも公開!

当サイトのブックマークや、更新通知などもぜひお願いします。

※宣材写真等はSEKIDAI様の許可を得て掲載しています

おすすめ記事はこちら

コメント

  1. taka より:

    はじめまして、半年位前ですが横浜線が遅延してた時も、駅ごとに肉声で遅延とその理由を英語で放送されてた女性車掌がいらっしゃいましたよ。