【鉄コレ】西武30000系ぐでたまスマイルトレインが可愛い!11/9発売

スポンサーリンク

【実車紹介】

西武30000系は西武20000系の後継となる地上車の標準型として開発がされました。

当初は8+2両編成としていましたが、のちに10両貫通編成も登場しています。

この形式の大きな特徴として、たまごをモチーフとしたスマイルトレインとしてかわいらしい前面形状が挙げられます。

また、西武鉄道初の拡幅車体を採用して、3扉で製造されていた101系・301系を置き換えました。

10両×6編成、8両×18編成、2両×6編成が活躍しています。

本系列の10周年と、ぐでたまの5周年を記念して、ぐでたまスマイルトレインが運行されています。

2018年3月5日から12月末予定となっています。

 

【製品について】

鉄道コレクションから話題性の高かった西武30000系のぐでたまスマイルトレインは、2018年11月の発売予定となっています。

西武30000系の製品化はGREENMAXからされているものの、鉄道コレクションでは初となります。

また、西武30000系のぐでたまラッピングは鉄道コレクションが初の製品化となっています。

初回限定生産となっているので、完売してしまった場合の価格高騰が見込まれます。

 

 

・関連記事はこちら

 

【実車news】西武新型特急Laviewの運用は?地下鉄直通の実現はいつ?
先日、西武鉄道から新型特急が甲種輸送され、本日報道発表があり、愛称がLaviewと発表されました。今回は、報道発表されたデータを基に、西武鉄道の思惑を分析していきたいと思います。西武鉄道新型特急発表まで西武鉄道から新型特急の導入が発表された

コメント