【プラレール】製品紹介_S-08 E2系新幹線(連結仕様)_ピンク帯

スポンサーリンク

S-08 E2系新幹線(連結仕様)

実車紹介

E2系は、長野新幹線の開業と、秋田新幹線併結のやまびこ号投入に向けて開発された車両です。

東北新幹線を開業以来支えていた200系新幹線の置き換えも視野に入れられた、標準的な車両です。

東北新幹線の盛岡~八戸間開業に合わせて、はやて号が走り始めました。

これに合わせて帯の色をピンク色に変更しています。

製品について

そのほかの東北新幹線シリーズ同様に、連結機構が埋め込まれているので、E3系はじめ各型式との連結が可能な仕様となっています。

プロトタイプとなっているのははやて・やまびこ塗装で、長野新幹線仕様(廃番)とは塗装が異なります。

連結機は実車同様に、カバーを開くと出てくる拘りの設計です。

 

 

実車の連結相手

現在は、E3系との連結となります。

つばさ号用のほか、こまち号用とも連結運転の実績が長いですが、こちらは現在入手困難です

もちろん、プラレールの世界では自由につなげられるので、お好みで!!

E3系のペアがE4系からE2系に変わったのが2012年から、旧塗装のつばさ号が消滅したのが2016年なので、4年ほどの間の組み合わせです。

S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)

 

【プラレール】製品紹介_S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)_旧塗装
S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)実車紹介E3系自体は秋田新幹線の開業に合わせて開発されたミニ新幹線の形式です。その後、山形新幹線の山形~新庄延伸用にE3系1000番台が導入されたのち、山形新幹線開業以来使用されていた400系新幹線の

 

単品よりセットがおすすめ!!

相棒となるのがド派手な塗装に変わった山形新幹線ですが、そのド派手な紫色の車両はセットでのみの販売となります。

このE2系は同一仕様ですので、単品での購入だとペア相手が入手できない状況なので、こちらのセットが絶対におすすめです。

今の小さい子どもたちはこちらの時代のほうがなじみが深いと思うので、お子様へのプレゼントでしたら特に!!

・プラレール E3系新幹線つばさ&E2系新幹線連結セット

 

そのほか、プラレールでの連結仕様の車両は後述しています。

一緒に遊ぶのにおすすめ

北海道・東北・上越・山形・秋田・北陸新幹線は数多くの製品がラインナップされていますので、並走車両に困らないのが特徴です。

また、新幹線については様々な機構のついたセットもラインナップされており、こちらが特におすすめです!!

にぎやかアナウンス!サウンドE7系新幹線かがやきレールセット

45種類ものサウンドが楽しめる特別仕様のシャーシが入ったセットです。

レールはエコレールという地球環境に配慮した黄緑色のレールになっています。

エコレールのポイントレールは同セットのみの限定仕様ですので、コレクションとしてもおすすめです。

 

https://train-fan.com/%e3%81%ab%e3%81%8e%e3%82%84%e3%81%8b%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89e7%e7%b3%bb/

 

レーンがクロス!E5系新幹線はやぶさベーシックセット

長らく廃番となっていた人気商品、自動クロスレールの復刻がされています。

オス→メスで走るとクロス、メス→オスで走るとストレートというユニークな商品です。

現在では単品での販売がなく入手困難なものですので、E5系のプラレールを購入される場合は、こちらのセットが絶対におすすめです!!

 

【プラレール】製品紹介_レーンがクロス!E5系新幹線はやぶさ
レーンがクロス!E5系新幹線はやぶさベーシックセット実車紹介日本初の営業運転での時速320km/hを達成した新幹線で、E2系などの後継として、東北新幹線の標準車両として増備が続いています。ダブルカプス形状という試験車を通して開発された新形状

 

S-03 E5系新幹線はやぶさ(連結仕様)

 

https://train-fan.com/s-03e5%e7%b3%bb%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%b6%e3%81%95%ef%bc%88%e9%80%a3%e7%b5%90%e4%bb%95%e6%a7%98%ef%bc%89/

 

S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)

 

【プラレール】製品紹介_S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)_旧塗装
S-06 E3系新幹線つばさ(連結仕様)実車紹介E3系自体は秋田新幹線の開業に合わせて開発されたミニ新幹線の形式です。その後、山形新幹線の山形~新庄延伸用にE3系1000番台が導入されたのち、山形新幹線開業以来使用されていた400系新幹線の

 

S-09 ライト付イーストアイ

 

https://train-fan.com/s-09%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e4%bb%98%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%a4_%e6%9d%b1%e7%89%88/

 

S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)

 

【プラレール】製品紹介_S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)
S-10 E4系新幹線Max(連結仕様)実車紹介E4系は東北・上越新幹線が通勤利用で混雑が顕著だったために開発された車両です。東海道新幹線と異なり、東京~大宮が各新幹線の共有で増発が難しいこと、東京駅が4線しかなく、運転本数の制約が拭えない

 

S-14 E6系新幹線こまち(連結仕様)

 

【プラレール】製品紹介_S-14 E6系新幹線こまち(連結仕様)_二代目秋田新幹線
S-14 E6系新幹線こまち(連結仕様)実車紹介営業運転での時速320km/hをするはやぶさ号に合わせ、E3系こまち号の後継として製造されました。先代につづいて運用上の都合から、東北新幹線内で完結するはやぶさ号・はやて号・やまびこ号・なすの