【プラレール】製品紹介_S-25 EH500金太郎

スポンサーリンク

【実車紹介】

東北地方の貨物輸送を担っていたED75と青函トンネルを含む津軽海峡線のED79の置き換え・そして東北本線黒磯駅以南の直流電化区間との直通運転を合わせて開発されました。

ECO-POWER金太郎の愛称がついています。

なんといっても特徴的なのは、重連けん引列車を置き換えるための2車体で一機という車体構造です。

これによりJR旅客会社への線路使用料を削減しています。

津軽海峡線が北海道新幹線開通に伴いEH800形に置き換えがされて余裕ができたため、本来の開発経緯にもある東京エリアからのスルーけん引が多く行われるようになり、以前よりも都内で見かける機会が増えました。

牽引力の高さから、門司トンネルでも使用されるようになっているほか、同機の開発設計から中央本線で活躍しているブルーサンダーことEH200形が開発されました。

【製品紹介】

パッケージの都合もあり、2車体で2両分の長さにて製品化されています。

貨車はタンクコンテナというややマニアックなチョイスです。

 

 

【金太郎を楽しむならセットがおすすめ】

金太郎と様々な貨車が一度に入手できるこちらのセットがおすすめです。

貨物列車のプラレールはつなぎ替えて遊ぶのが醍醐味ですので、いろいろな貨車をつなげて楽しみたいですね!

https://train-fan.com/いっぱいつなごう金太郎貨車セット/

【その他の貨物列車製品】

【プラレール】製品紹介_S-26 EF210桃太郎
【実車紹介】EF210形はEF200形の後継車として、老朽化したEF65・EF66の置き換え車として開発された形式です。先代のEF200形では1600tもの長大編成をけん引できる高性能だったものの、変電所容量の都合で性能を制限される結果とな
【プラレール】製品紹介_S-27_EH800電気機関車-青函連絡
【実車紹介】従来の青函連絡貨物列車は、EH500形金太郎によって運転されていました。しかしながら、北海道新幹線開通に合わせて、専用の電源・保安装置を装備した機関車が必要となり、投入された形式です。基本的な設計はEH500形に順じているものの
【プラレール】製品紹介_S-39_EF510レッドサンダー
【実車紹介】北陸本線など、通称日本海縦貫線で活躍していたEF81形の置き換え用機関車としてJR貨物が開発した機関車です。この機関車の設計をそのままに、JR東日本もEF510形500番台を投入しましたが、結局寝台特急縮小で全機JR貨物に譲渡さ
【プラレール】製品紹介_S-52_EH200ブルーサンダー
【実車紹介】中央東線と上越線で活躍していたEF64形の重連運用の置き換えを目的に、EH500形をベースに開発された形式です。EH500形同様に2車体で1両としているため、旅客会社に支払う線路使用料の削減に貢献しています。上越線の全列車と、中
【プラレール】製品紹介_S-60_EF66電気機関車
【実車紹介】東海道本線・山陽本線の貨物輸送増強を目的に開発された形式です。その先進的なデザインからデビュー時より多くのファンがいる形式となっています。全盛期は東海道本線・山陽本線にてブルートレインに投入されているので見覚えがある方も多いので

コメント