【東京メトロ】有楽町線17000系・半蔵門線18000系発表・置き換え対象は!?

スポンサーリンク

東京メトロでは、有楽町・副都心線向け17000系と、半蔵門線向け18000系という新型車両の製造計画が明らかになりました。

現在はまだほとんど情報解禁がされていないので、既存の車両の置き換えがどうなるのかをその他の資料と合わせて考察していきます。

記事公開時点での中途半端な発注数を元にした推測記事です。

この記事のあと、7000系・8000系と同数の製造計画が発表されたため、過去の記事となります。

2019年前半にネットを賑わせた推測を整理した内容ですので、このような置き換えは行われないでしょう。

新型車両の概要

2019年3月26日、東京メトロから中期計画「東京メトロプラン2021」が発表されて、有楽町・副都心線向けの新型車両と、半蔵門線向けの新型車両のイメージ画像と形式名、登場時期が判明しました。

これらの路線への新型車両製造の動きは既に情報があり、当サイトでも以前取り上げています。

これは事前の車両両達にて、有楽町・副都心線向けに15編成、半蔵門線向けに8編成という数だけが明らかになっていました。

今回の中期経営計画では、有楽町・副都心線向けが17000系、半蔵門線向けが18000系という名称とイメージ画像が明らかになっています。

17000系は10000系譲りのかわいらしいデザインで2020年度に投入開始となります。

一方で、18000系は08系をイメージしたのか、13000系のようなLED照明ならではのカッコいい前面形状で2021年度導入開始となっています。

東武スカイツリーラインなどでの並走に期待が集まりますが、03系・東武20000系の置き換え終了後の動きとなるのでこれらの共存は残念ながらありません。

そして、プレスリリース画像から明らかになった点として、13000系で話題となった3画面ディスプレイの採用は見送られています

これはおそらく、両形式とも乗り入れ範囲が広い上に17インチワイドディスプレイのROMを使用している実績があることから、わざわざ新たに作る必要はないという判断でしょうか(日比谷線は乗り入れの東武70000系とともに新規ROM作成)。

置き換えについての動きはどうなる?

その後の情報により、7000系・8000系の直接置換が発表されています。

近日中に別記事にてフォローします。

今回の置き換え対象として考えられる車両は下記の通りです。

有楽町・副都心線 7000系:10両6編成・8両15編成

半蔵門線 8000系:10両19編成

半蔵門線 08系:10両6編成

今回の置き換えが以前から注目されている点として、その製造本数です。

17000系が21編成・18000系が19編成であれば7000系・8000系という老朽車両の置き換えと分かるのですが、現在判明分は17000系15編成・18000系8編成というなんとも中途半端な数です。

17000系の15編成については8両編成と同数なのでその置き換えに充てると考えることが自然であるものの、7000系の10両編成は8両編成よりも製造時期・修繕時期が古い車両が集まっており、疑問が残ります。

半蔵門線系統では、東武鉄道の乗務員訓練の対象人数が多いこと、組合側からの要請などの都合から、形式数をなるべく絞る動きがあります。

東急2000系などが東武鉄道乗り入れ非対応で短命に終わったことが有名です。

メトロ側についても8000系の後期車両11編成・08系6編成・18000系8編成という中途半端な布陣にするとは考えにくいですね。

以上の経緯を踏まえると、18000系の置き換え対象が08系6編成(2編成は輸送力増強用)であり、彼らは7000系10両編成の置き換えに回るのではないかという仮説ができます。

有楽町・副都心線系統では10両編成が10000系と08系という比較的世代の近い車両で揃えられるというメリットがあり、まとめて置き換えることが可能という点は長期的に見れば大きなメリットです。

これはホームドア非対応だった07系が東西線の05系に混じって転用された時の動きを考えると十分考えられる流れとも言えそうです。

車体幅が半蔵門線規格なので一回り小さいことが挙げられるものの、東急電鉄も田園都市線向けだった5000系を副都心線に入れている以上、あまり関係はなさそうです。

そして、この場合、有楽町・副都心線系統の新型は8両編成に専念することとなり、これは将来的に東横線の全線10両化が実施されることとなった場合にも経年差が少ない新車への増結で済ませることができます

半蔵門線系統についてもメリットはあり、いずれやってくる8000系の置き換えの際に18000系をリピートオーダーすることにより、形式統一をすることができます。

鷺沼では13000系・18000系という最新車両のみのメンテナンスとなるため、効率化や部品共通化も期待できます。

他方、17000系は有楽町・副都心線向けとしている点や、8000系の初期車が7000系の8両編成より修繕時期が古いことなどに疑問符は残ります。

大穴は南北線も絡めた動き

同日発表の南北線8両化では、08系と同世代の9000系をなんとかして少しずつ8両化する動きが出てきました。

08系中間車をばらして増結種車とした場合、24編成分の中間車が確保でき、これは南北線23編成にぴったりです。

もちろん組み換えの改造にはかなり時間がかかるものと思われますが、可能性としてはなしとも言えないでしょうか。

まとめ

新型車両発表の陰で、置き換え車両についてはまだまだ推測の域を出ない状態です。

8000系についてもいい加減初期修繕車は見劣りもしていますので、鉄道事業で最も稼ぎのある東京メトロの今後の動きに引き続き注目です。

関連記事はこちら

コメント

  1. Iad より:

    はじめまして。メトロ17000&18000の投入で旧車が淘汰されるのは嬉しいことではありますが複数気になる点が。

    ①南北線8両に必要な中間車を東急5000系列のような共通車ではなく仕様が異なる他形式から持ってくるのはありえる話なのですかね?共通でない他形式の車両を組み込むという事例は殆ど耳にしないため現実的にどうかなとは思いますが。今後のB修繕も9000系の記載がなかったことから9000系増備でも他形式から持ち込むのではなく、9000系の組成組換で不足する分のために予備車として新形式車をつくり、9000系内で組成組換して不足する数編成分は追加で新形式車で補う考えもあるのかと。
    ②ホームドア設置の支障にきたすなどの理由も何もないのに半蔵門線から08を追放する理由がないと思いますがあの車両に離脱しなければならない事情はありましたっけ?
    東武は形式を絞りたいとしているのかは知りませんが少なくとも東急も車齢が少し離れた5000系と2020系態勢にいずれなりますし、東武は50050系と30000系(後者はcbtc導入で消えかねない?)と各社車両統一の動きがないうえ、どのみち08系も転属となれば長期的な離脱や改造、訓練の手間も必要、今回の資料で17000系の導入先が有楽町、副都心線用とあって副都心線のみ導入というのもおかしな話ではあるなと。
    勇退した6000系も比較的新しい編成が廃車、譲渡されていく中で第2編成が最後まで生き残ったという近年の動向を考えれば18000は8000系置き換え分を2024年度までに、17000は10両×6,8両x15本を2020年から2022、23年にかけて導入すると考えるほうが両線共に面倒ではないかなーとはみてますがどうお考えですかね。
    長文失礼しました。

  2. 電車猫 より:

    18000系導入により半蔵門線08系の有楽町線転属発想はなかった。その点では脱帽。

    ただし、半蔵門線の車両規格は有楽町線より車幅・全高が一回り小さいため、わざわざサイズ違いの車両を置き換えに行くと考えるのは…