JR

JR東日本

【定期減便の副産物?】“波動用”E257系5000番台が踊り子臨時運用に

JR東日本は2022年12月13日、2023年2月の臨時列車追加設定を公表しました。 例年「河津桜まつり」期間中は多くの臨時列車が設定されますが、今回は初めて緑色のE257系5000番台を使用する列車が設定されており注目され...
JR東海

【新形態】315系に4両編成初登場!C101+C102編成 日本車輌を出場

JR東海では2020年度より新型315系の投入・211系,213系,311系の代替を進めています。 以前より2022年度には4両編成2本が投入されることが公表されていましたが、2022年12月22日に日本車輌製造を出場、回送...
東武鉄道

【ダイヤ改正2023】JR-東武直通特急「日光,きぬがわ」定期列車半減・車両運用も注目

JR東日本と東武鉄道は2022年12月16日、2023年3月のダイヤ改正の概要を発表しています。 2006年3月の運行開始から16年間、新宿駅と東武日光・鬼怒川温泉駅間を4往復の定期列車が設定されていましたが、半減して2往復...
JR東日本

【ダイヤ改正2023】草津,あかぎ号にE257系・全車指定に〜651系全廃?

JR各社では2022年12月16日、2023年3月のダイヤ改正の概要を発表しています。 以前からファンの間で注目されていた、E257系へ「草津・四万」「あかぎ」表示が追加された動きの答え合わせとなる発表内容ですが、651系で...
JR東海

【振り返り】2022年3月改正で明確に方針が異なった本州JR3社の動き

例年12月から各社の翌年3月ごろのダイヤ改正の概要が相次いで発表され、このなかでもJRグループとその直通先では中旬から下旬の同日に公表されます。 昨年は各社とも前例のない発表内容が多く、利用者はもちろんファン層さえ驚きの多い...
JR西日本

【花魁】“建築限界測定車”オヤ31 31 えちごトキめき鉄道へ譲渡

建築限界測定車として個性的な外観を保っていたJR西日本のオヤ31 31。2022年12月6日朝、長年の居住地だった宮原を旅立ち、米原経由で松任へ配給輸送が実施されています。 その後の発表により、松任本所まで輸送された同車は、...
JR東日本

【転用か】“波動用”E257系5500番台に高崎線特急表示・コンセント設置

転用・機器更新工事が完了し、一連の転用が終了したかにみえたE257系。 最近になって、波動用の5000番台・5500番台の一部編成にコンセント設置工事がされている姿が目撃されていましたが、新たに「草津四万」「あかぎ」の表示が...
JR貨物

【珍編成】久々の異形式甲種輸送!横浜市4000,10000形が川崎車両出場

日本国内では、鉄道貨物輸送の一環で貨物列車として鉄道車両が輸送される機会があります。 2022年10月28日から30日にかけて、横浜市営地下鉄の形状が全く異なる2形式が同時に輸送される珍編成で甲種輸送が実施されており話題とな...
JR東日本

【中央線快速グリーン車】E233系H57編成が試運転で国府津へ

7月12日未明に姿を現した中央線快速電車向けグリーン車、サロE233-1,サロE232-1。 豊田車両センター所属のH57編成基本側6両に組み込まれ8両編成となり、27日に豊田〜新宿〜国府津駅間で試運転が実施されています。 ...
JR東日本

【両開き扉】中央線快速電車向けグリーン車 サロE233-1,サロE232-1が落成

JR東日本では以前より中央線快速電車へのグリーン車連結・12両編成化に向けた準備が進められています。 4月に半導体不足により2024年度末以降への延期が公表されたばかりですが、事実上“量産先行車”であるサロE233-1,サロ...