JR東海

JR東日本

【乗って復興支援】JR各社 北陸応援のフリーきっぷが破格

北陸新幹線の敦賀駅延伸を目前として沿線が盛り上がる最中、元日に北陸地方を襲った地震で観光需要が落ち込む北陸エリア。 政府の北陸応援割開始に先駆ける格好で、JR東日本・JR西日本から北陸エリア観光を促進するお得なフリーきっぷの発売が公表されま...
JR東海

【ダイヤ改正2024】静岡エリア17年ぶり白紙改正か〜乗り通しが便利に!?

JR各社は2023年12月15日に翌2024年3月16日ダイヤ改正を一般に公表していますが、同時に労働組合宛により具体的な内容を示します。 JR東海では315系投入により在来車両の置き換えを進めていますが、2024年3月改正では静岡エリアで...
JR東海

【新形態】315系に4両編成初登場!C101+C102編成 日本車輌を出場

JR東海では2020年度より新型315系の投入・211系,213系,311系の代替を進めています。 以前より2022年度には4両編成2本が投入されることが公表されていましたが、2022年12月22日に日本車輌製造を出場、回送を兼ねて神領車両...
JR東日本

【振り返り】2022年3月改正で明確に方針が異なった本州JR3社の動き

例年12月から各社の翌年3月ごろのダイヤ改正の概要が相次いで発表され、このなかでもJRグループとその直通先では中旬から下旬の同日に公表されます。 昨年は各社とも前例のない発表内容が多く、利用者はもちろんファン層さえ驚きの多い内容でした。 2...
JR東海

【熱海〜浜松から】313系8000番台 静岡エリアで営業運転開始

JR東海では2022年3月5日より新型315系の営業運転を開始し、既存の313系については各地へ転用される動きが生じています。 なかでも元「セントラルライナー」の8000番台が11日から12日にかけて静岡車両区へ転属して注目されていましたが...
JR東海

【元セントラルライナー】313系8000番台が静岡へ回送〜静岡車両区転属か

JR東海では2022年3月5日に中央西線にて新型315系の営業運転を開始しており、これにより神領車両区を拠点に活躍していた313系にも転属の動きが続いています。 ダイヤ改正前日となった3月11日には、「セントラルライナー」用の車両として製造...
JR東海

【既存車に注目】JR東海315系 営業運転開始〜313系の大規模転配が幕開け

JR東海では2021年より211系・213系・311系の代替のため、新形式の315系の開発・製造が進められていました。 事前に公表されていた通り2022年3月5日より営業運転が開始されましたが、これと前後して既存車の動きが活発化しています。...
中部

【ダイヤ改正2022】東海道線特急〜池袋「踊り子」臨時化・“修善寺編成”運用減

JR東日本では2021年12月17日、新幹線と在来線の大規模な運転本数見直しを発表しており、在来線特急についても各方面で大規模な変更が行われます。 東海道線特急「踊り子」「湘南」では、1988年から運転されていた山手貨物線池袋・新宿発着の定...
JR東海

【満を持して】JR東海 在来線新形式!315系C1編成が落成〜日本車輌製造を出場

2021年度に数多く投入された新形式・新区分の中で最も注目されていた、313系以来22年ぶりの一般形電車の新形式となる315系。 第一編成となるC1編成8両が日本車輌製造豊川事業所を出場し、試運転列車として神領車両区へ回送されました。 これ...
JR東海

【安泰?】中部横断自動車道の静岡山梨間が全通!身延線・ワイドビューふじかわ号の影響

2021年8月29日、「中部横断自動車道」のうち静岡県の清水から山梨県の甲府を結ぶ区間が全通し、自動車での南北移動の利便性が大きく向上しています。 この道路は多くが身延線と並走する関係にあり、自動車移動の活性化により身延線の今後を心配する声...