【品川新駅】高輪ゲートウェイに決定・名前の由来とJR東日本の思惑は?

 

JR東日本・山手線の品川新駅(仮称)が「高輪ゲートウェイ」駅に決定しました。

高輪駅・芝浦駅・芝浜駅といった無難な名称が投票上位を占めるなかでのこの決定にはどういった意図・思いがあるのでしょうか。

 

JR東日本の再開発計画名称とのつながり

今回の駅名にある「ゲートウェイ」ですが、品川駅の旧・田町車両センターの再開発の名称である「グローバル ゲートウェイ 品川」からとられたものと思われます。

このプロジェクトは、羽田空港アクセスや2027年のリニア中央新幹線のターミナルとして今後ますます注目が集まる品川の一等地を、上野東京ライン開通などによる車庫用地削減で開発するというのが本プロジェクトの趣旨となっています。

そのなかで、2020年の東京オリンピック・パラリンピック前に暫定開業・2024年の「まちびらき」にあわせて本開業する、山手線30個目の駅として、品川新駅の開業が発表されていました

山手線の新駅開業は約半世紀前の西日暮里駅以来となることから、おおきな注目を集めています。

現在では京浜東北線南行線路が既に移設されているほか、山手線・京浜東北線北行線路とホーム部の建設も進んでおり、2020年にむけ着々と準備が進められています。

今回の品川新駅開業がこの都市開発の一環であることから、本プロジェクトの目玉である駅に名称を取り入れるのはごくごく自然な手法と言えるでしょう。

 

駅名には宣伝能力があるので、駅名称にゲートウェイを入れるだけで知名度の向上が図られます

古くはたまプラーザやときわ台など、その開発都市名を駅名に採用して知名度向上という手法は古くからあるもので、民鉄各社の手法をJR東日本という国鉄育ちの会社が採用しただけです。

批判の声が多いことは想定の範囲内で、その批判を含めた話題性で再開発地のブランディングを行ったのが計算されているのでしょうから、さすがはJR東日本といったところでしょう。

特に地元の商工会議所の批判の声もありますが、新規で地域の購買需要をガッツリ持っていきたいJR東日本側からすれば、あまり眼中にはなかったのでしょう。

 

以上の経緯から、JR東日本としては自社の再開発地の名称を入れるのは織り込み済みだったものと推測できます

もしも高輪が1位でなければ芝浦ゲートウェイ駅・芝浜ゲートウェイ駅となっていただけなのではないかと思うと、確かに駅名公募の必要性は微妙なものでした。

応募36件・130位でも「ふさわしい」とするJR東日本の考えも、ビジネス展開としては確かにそうですね、といったところでしょう。

 

 

 

関連記事はこちら

 

埼京線・相鉄直通用JR車はE233系・12000系ともに仕様はどうなる?
やはり気になる点は最後のカワ131編成の製造から年数が開いていることから、仕様変化がされるかどうかという点でしょう。 過去事例としては、E233系開発後に製造された中央線・総武線各駅停車向けに三鷹車両センターに増備されたE231系0番台ミツB80〜82編成・山手線6扉車置き換え用に製造された、同600番台付随車などの例があるように、次世代形式の仕様・部品を一部採用することが多く見られます。

 

大阪万博開催に伴う地下鉄中央線・JR桜島線・京阪中之島線の動きはどうなる?
大阪万博が55年ぶりの開催で話題となっています。 鉄道系では、大阪メトロ(旧・大阪市営地下鉄)中央線やJR桜島線、京阪中之島線が会場となる夢洲までの延伸の候補となっていますが、各路線の延伸は本当に行われるのでしょうか。 大阪...

 

【NEX】E353系の次の新型特急は成田エクスプレス?噂の根拠を調査
成田エクスプレスで活躍しているE259系。 まだまだデビュー間もないイメージですが、既に次世代車両の投入が噂されています。 なぜ他線区を差し置いて成田エクスプレスが新型車両投入という噂が出るのかを検証してみました。 なお、それを示唆する動きもなかったので、あくまで推測となります。

 

【プラレール】製品紹介_いっぱいつなごう E235系 山手線
いっぱいつなごう E235系 山手線 プラレール いっぱいつなごう E235系山手線 実車紹介 山手線のE231系500番台を置き換えるために導入されている新形式です。 10号車はE231系のサハE231 4600番...

コメント