【NEX】E353系の次の新型特急は成田エクスプレス?噂の根拠を調査

成田エクスプレスで活躍しているE259系。

まだまだデビュー間もないイメージですが、既に次世代車両の投入が噂されています(正確な文献は見当たりませんでした)。

なぜ他線区を差し置いて成田エクスプレスが新型車両投入という噂が出るのかを検証してみました。

なお、あらゆるニュースリリースを読みましたが、それを示唆する動きもなかったので、あくまで推測となります。

くれぐれも関係機関へのお問い合わせはご遠慮ください。

 

急増する訪日観光客の需要と新技術

成田エクスプレスの現行車両・E259系は、京成電鉄の成田スカイアクセス線・新型スカイライナー登場に対抗するために製造されました。

既存の253系では3両編成・6両編成があって小回りが利く運用を組んでいましたが、E259系では更なる需要創出と編成の共通化での合理化を理由に6両編成のみとなりました。

対成田空港アクセスでは速度面で京成の圧勝となってしまったものの、JR東日本では広域なネットワークを武器に、海外からの訪日観光客を取り入れる施策が打たれていました。

特に最近では訪日観光客の増加とJAPAN RAIL PASSやJR EAST PASSなどの割引乗車券の影響も強く、需要を取り戻しつつあります。

そのようななかで、JR東日本では投入したばかりの成田エクスプレス用E259系に代わる次世代車両の開発が噂されています。

京成電鉄だけでなく、国際競争力も高めていくことが背景に考えられますが、老朽化が激しい651系などの代替車両の確保を直接投資することと天秤にかけたという考え方が大きいように思えます。

 

新型車両の仕様はどうなる?

既存のE259系の思想は、その後開発された常磐線特急「ひたち」「ときわ」用のE657系、中央東線特急「あずさ」「かいじ」等のE353系に引き継がれ、内外装などの設計が一部そのまま利用されています。

特にグリーン車に多目的室・車掌室・車内販売準備室を設けて、E257系の半室グリーン車よりは多く、E351系などの全車グリーン車ろりは少なくという思想などがそのままとなっています。

ここまでの各形式がE259系を基にしていることから、新形式となるE263系?での開発思想はかなり読みにくいものとなります

多言語案内の更なる充実化・TIMSからINTEROSへの変化くらいしか変更点が思いつきません。

どういった新形式となるのが楽しみですね。

特にJR東日本ではIoT・AI技術の応用や、観光型MaaSといった新技術に積極的です。

次世代車両ではこの「変革2027」を踏まえた、フラッグシップにふさわしい今までにない新形式となるのではないでしょうか。

 

気になるE259系の転用は?

現在のE259系は6両22編成在籍しています。

E259系は新造から年数が浅いため、廃車ではなく何かしらの転用が前提と考えるのが自然です。
年数としては651系高崎線用・255系房総各線用(E257系との形式統一もあり)・253系1000番台日光・きぬがわ用が候補となります。

これらの線区の特徴としては、現状の列車で採算が芳しくないと言われている路線です。

千葉地区のE257系500番台が短編成化による合理化を目的として投入された後は、成田エクスプレス・常磐線・中央線と稼ぎを出しているであろう路線が続いています

(成田エクスプレスはそれ単独での採算は芳しくないですが、その用途の特殊性があります)

 

一方で、上記の年式の高い車両はそれぞれ常磐線・成田エクスプレスのお古となっており、特急車の転用は651系・253系・そして現在進行中のE257系にて行われています。

JR東日本では一般形電車については転用をせず更新して長持ちさせる方針を打ち出している(中長期計画・ベストプラクティス等)一方で、フラッグシップとなる特急列車については採算性のある路線の品質向上を意識している……というよりは、不採算の路線への新車投入を避ける傾向にシフトしてきています。

 

あかぎ用6編成程度・東武直通用2編成程度ですので14編成もの余剰が出てしまいます。

残された房総地区の255系をE257系500番台とともに置き換えるのか、E257系と共存するのかといったところでしょうか。

 

いずれにせよ、モノクラス化改造等の大掛かりな工事が必要となるため、E231系1000番台の転用が続く2025年ごろまでは大きな動きは出ないのではないでしょうか。

そして、そもそも特急を維持する価値がないという判断が下ってしまったら、計画も意味がないものとなります。

JR東日本では10年程度先までの車両転用などをベストプラクティスとして想定しているものの、211系東海道線用やE233系投入路線などで計画変更も存在するので、噂もあくまで計画案の1つといったところでしょう。

 

関連記事はこちら

下記の各線区についても予想していますので、あわせてどうぞ。

 

【千葉地区ワンマン化】房総各線の車両置き換えはいつ?新型車両?
JR東日本・千葉支社が管轄する内房線君津以南・外房線上総一ノ宮以南・鹿島線の乗降客数が少ない区間でワンマン化を示す動きが明らかとなっています。2020年度末に実施をする見通しですが、現時点で車両の動きについては一切の発表がされていません。既存の情報を基に、房総半島の普通電車状況を推測していきます。

 

ホームライナー千葉特急化・E353系投入はある?ダイヤを基に検証
ネット界ではE353系の増投入にあわせて、ホームライナーと一部房総特急のあずさ・かいじへの編入が囁かれています。 現状のダイヤ・本業の中央線特急のダイヤの動き・近年のJR東日本の動向などを踏まえて、可能性の有無・どういった運用形態がされるかを検証していきます。 現状ダイヤ・現状利用状況を基に記述してみました。

 

【実車news】E353系導入状況と富士回遊・はちおうじ・おうめの謎を徹底分析!
JR東日本から商標登録申請で、興味深い名称が複数登録されました。 サフィール踊り子・富士回遊・はちおうじ・おうめ・おだわらの5種です。 中央特急・東海道特急の変化を、実車の動きや報道発表を交えて分析していきます。 後編として、中央線特急の変化を分析していきます。

 

【実車news】新型E235系高崎・宇都宮・東海道線導入の真偽とE231転属を検証!
JR東日本では9月、山手線の次のE235系投入先として、横須賀線・総武線快速と発表しています。 さらに、一部にてその次にE231系近郊型の転用を目的として、上野東京ライン・湘南新宿ラインへ投入されるのではないかという説が出回っています。 今回は、今までに出揃っている情報を整理し、転配が行われる路線を検証します。

 

 

コメント