【撮り鉄三脚論争】手持ちじゃだめ?鉄道撮影で三脚が使われる理由

スポンサーリンク

鉄道撮影のなかでも多くの方がチャレンジをされている編成撮影。

珍しい列車が走る有名なお立ち台では、高いカメラとともにゴツい三脚が大量に並ぶ光景が頻繁に見られますね。

写真趣味のなかでも鉄道写真では三脚ユーザーが多い理由と、撮り鉄に向いている三脚を考えていきましょう。

マナー論とは全く別の、写真技術の記事です。エントリーモデル以上のカメラを握ったことがある方をメインターゲットに記しています。駅構内の三脚使用可否などは会社により異なる(大手では禁止がほとんど)ほか、沿線での利用についても周囲の迷惑にならないのは大前提ですので、本記事のフォローの範囲外であることをご理解の上で読み進めてください。

鉄道撮影で三脚が役立つ理由は?

まず、鉄道撮影以外の世界に目を向けてみると、写真を趣味としている方の多くはカメラを首からぶら下げて旅行に行く……といったイメージでしょうか。

日常の何気ない景色をカメラに収めるために三脚で画角を定めて……なんてしませんよね。

写真全体で三脚を頻繁に使用する分野としては、星空や花火の撮影と並ぶくらい利用者が多いイメージのある鉄道撮影

三脚は無くてもいい写真は撮れる!という意見や、三脚持たずに編成撮影なんて……という意見など、こちらも撮り鉄の中でも意見が割れるところかと思います。

しかしながら、雑誌掲載実績などもある有名な撮り鉄さんのほとんどは三脚を持ち歩いています。

これには三脚を使わないでも良い写真が撮れる場合もあるけれど、三脚があった方が確実に良い写真が撮れるシチュレーションが多い明確な理由があるはずです。

今回はこの理由について、例を添えつつ考えていきます。

事前に画角が定められる

機関車のパンタグラフ位置や編成両数など、悩みの種は多い鉄道撮影。
作例だと、ロクマルとしてのベストな切り位置で撮った一方、主役のデゴイチに架線柱が重なるのはイマイチな感じです。

この記事では編成写真をターゲットにしていますので、事前にやってくる列車の両数・パンタグラフの位置・周辺の障害物の確認あたりをされることになるかと思います。

つまり、決まった画角の中にやってくる列車をベストのタイミングで収めるのが重要になってきます。

これらの諸条件を達成するには、三脚でカメラを固定しておくのが一番シンプルな対処法です。

手持ちで水平に・トリミング不要の編成写真をしっかり出来る技術は素晴らしいと思いますが、三脚で解決するならばそちらの方が確実でしょう。

「ピン甘」回避にも有効

また、近年のカメラではオートフォーカス(AF)がどんどん高精度になっていますが、鉄道写真においてマニュアルフォーカス(MF)を使用する人も依然として多い印象ですね。

これは構図やピントを既に定めておいて、理想の位置にお目当ての列車が来た瞬間にシャッターを押せば理想の写真になるという鉄道写真にはもってこいの方法です。

AFが予想外のところにいってしまい、お目当ての列車のピントが甘くなってしまうという経験をされた方もいらっしゃると思います。

特に交通費・時間をかけて遠方の撮影地に行った場合、この失敗はかなり痛いものとなるでしょう。

このリスク1つだけでも三脚の利用価値はあるとも言えそうですね。

珍しい列車=ネタものの列車の撮影となると、撮影地によっては狭いキャパシティの中に多くのファンが詰めかけることもしばしば。

こういった場合に、撮影地のキャパシティを最大限に活用するなら、各々が画角を定めて譲り合って撮影するのが最適です。

そのため、構図を定められる三脚の存在は重要なものとなってきます。

近年はハイアングル・被り付きがトレンド?

近年はいわゆるハイアングルを好むファンの方も多いですね。

このハイアングル趣向は特に近年顕著に感じますが、これは沿線各所にタイガーロープの設置が行われているのが大きな背景でしょうか。

保線作業を行う際に、作業の反対側の線路にはみ出さないように複線以上の線路で設置がされているものですが、これが鉄道撮影においては台車周りの障害物となってしまいます。

これを避けるのに手っ取り早いのが、ハイアングルです。

見下ろす構図となるため、ロープが相対的に下の方に行くため目立ちにくくなります。

この他、混み合っている撮影地では先客の後ろからでも構えることが出来るため、お目当ての列車の追っかけ撮影のような、通過直前の到着となる場合にも重宝します。

これらのハイアングルでは踏み台・脚立を併用することとなるので、画角をしっかり定めたい編成撮影では三脚も併用される場合が非常に多くなってきます。

また、近年は一眼レフで主流な3:2のアスペクト比に合わせて上下左右が満遍なく収まっている写真が好まれる傾向にあります。

昔からカメラを握っていた私の世代では、甲種輸送や配給輸送のような機関車よりその後ろが珍しい列車では、側面が目立つように写真を撮られる方が多かったです。

最近はこういった写真を紐アングルなどと言われることもあるようで、これはSNSの発展でいろんな写真を簡単に見比べることが出来る世代の方々ならではかもしれませんね。

紐アングルに近い作例。客車の組成がイレギュラーだったので、個室が目立つ側をこの画角で撮影しています。

線路に寄った写真では、画角の調整はより難しくなってきます。

上下左右を満遍なく入るようにしつつ、被り付きの画角をきれいに収めるのは高い技術といわゆる練習電を生かした調整が欲しいところ。

そして、望遠での撮影は微調整が大変なほか、

これを実現するためには、やはり三脚で画角を定める方が有利になってきます。

夜間の撮影では必須アイテム

近年は三脚禁止の大宮駅。
ここ数年までは、主要駅で珍しい列車の長時間停車では、三脚のひな壇構成が当たり前でした。

夜間の撮影では、シャッタースピードを遅くする=長時間露光をすることで暗い場所でも綺麗に撮影することが出来ます。

秒単位で露光をしている写真を手持ちで撮影することはほぼ不可能です。

ここ数年は三脚禁止の駅も増えてきましたが、昔から夜間に走る珍しい列車には三脚担いて撮影に臨まれるファンは多く存在していました。

Check!!

鉄道撮影で三脚が役立つ理由

① 事前に画角を定めるごとが出来る=失敗リスク減少

② ピントを合わせやすい(MF)

③ 混み合った撮影地で構図を固めることが出来る

④ 望遠・ハイアングルなどでも安定して撮影が出来る

⑤ 夜間の撮影では必須

三脚を持って撮影に行くメリット・デメリット

編成撮影での失敗リスクを大幅に減らせる・水平で理想の構図でしっかり撮れるといったメリットをたくさん取り上げましたが、デメリットももちろん存在します。

学生の方を中心に多く見かける、駅構内・駅先ではほとんどが三脚禁止となっているという点が最大のデメリットでしょうか。

普段は駅先なんかじゃ写真撮らないよ!という方でも、時間的制約で撮影地の選択肢が限られている場合や、京葉線のように沿線撮影地が皆無な路線(千葉みなとの千葉ポートタワー俯瞰くらいでしょうか)ではどうしても駅先撮影となってきます。

そのほか、やはり機動性に欠けることもあり、基本的には車移動をされる撮り鉄さんが多くなってくるのも納得でしょうか。

Check!!

鉄道撮影での三脚持参のデメリット

駅構内・駅先撮影地では禁止されている場所が急増中

持ち歩きが大変・嵩張る=仕事・学校帰りなどには難しい

時間的制約がある場合は、セッティングが間に合わない場合も

電車移動だとちょっと目立ってしまう

撮り鉄に向く三脚はどれ?

撮り鉄向きの三脚選びですが、こちらもある程度用途が決まってくる以上、選択肢を絞ることが出来ます。

まず、カメラ編でも記していますが、撮り鉄のみなさんは望遠レンズの登場頻度が高くなってきます。

カメラと一緒に動画を回したり、フィルムとデジタルを併用したりと、1つの列車を複数機材で撮るという楽しみ方をされる方も多いでしょう。

これらを踏まえると、重量にしっかりと耐えられる三脚が欲しいところですね。

そして、先述のように、ハイアングルでの撮影という機会は他のジャンルで一般的な分野ではないため、対応する三脚は案外少ないものです。

この2点を基本として考えていくと、沿線で多く見かける三脚の種類は案外少ないとも言えそうです。

Point!!

撮り鉄に向いている三脚

◎ 高さが必要なところでも撮影出来る三脚

◎ 複数のカメラや、重たい望遠レンズも載せられるもの

▲ 軽量で持ち運びが出来るもの

撮り鉄に大人気のカーボン三脚

三脚の安定度あいが重要なことは先述の通りですが、三脚の安定度は自重以上にパイプ径が関わってきます。

基本的には重い三脚が安定しやすくて、軽い三脚は持ち運びが便利と真反対に位置します。

そのなかで、パイプ径が太い割には軽量なカーボン三脚が近年台頭しており、特に電車移動をされる若い撮り鉄の方にはおすすめ出来ますね。

ベテランの方でも最近はカーボン三脚を使用する例が多くなってきました。

難点としては、少しずつ安くなってきたものの、やはり高価な買い物になってしまう点でしょうか。

いい三脚買う前にいいレンズが欲しくなるでしょうし、その前に腕を磨いたら?という意見もありそうです。

上記2つを達成した後に欲しいカーボン三脚として、最近発売の下記のものがおすすめです。

・SLIK ライトカーボンE93

三脚大手SLIKさんの最新作です。

高さ2m超えが可能で、メーカー公式ホームページで「鉄道などの撮影にも最適」と記しているくらい、ハイアングル頻発な撮り鉄さんを意識してくれた嬉しい設計となっています。

同時リリースの4段のE94は高さ1.99mまでですので、4段三脚の魅力である持ち運びの利便性とのバランスはお好みになりそうですが、少なくとも車移動でライトカーボンの三脚を検討する場合はやはりこちらのE93でしょう。

重さと機能性のバランスも良いですので、多くの撮影地で役立ちそうな期待の新作です。

結局ハスキーが一番人気?

どうしても機材マウントを取る風潮が抜けない撮り鉄業界。人気ブランド「ハスキー」への憧れはやはりありますよね。

カーボン三脚を超える金属製の安定度は、重量機材を山積みで撮影する撮り鉄の憧れ的な存在でもありますね。

ただし、重量が相当なものになってきますし、使いこなす用途からはカメラやレンズも重たい方に限られると思うので、車移動が基本の方にしかおすすめ出来ないものになります。

この重量感が大事になるシチュレーションはあまり多くないので、ほとんどの撮影地ではカーボン三脚の同径種で対応出来ることを考えると、電車移動・普段使いには明らかなオーバースペックです。

そのなかでも、車移動が主であれば、高さのスペックが嬉しいハスキー5段が選択肢としては最有力でしょうか。

金属三脚ならではの、大きさの割に意外と高くない(それでも安いカメラ1台買えてしまう金額ですが)のも嬉しいポイントですね。

雲台のチョイスも忘れずに!

三脚自身を安定した場所に立てられない撮影地も多く存在しています。

新幹線は俯瞰撮影などでは、急斜面の撮影地なども。

そういった撮影地で上下左右をスムーズに調整出来るしっかりとした雲台がないと、せっかくの三脚の機能が台無しになってしまいます。

そんな雲台ですが、三脚の多くが本体と雲台が一体だったり、セット販売がメインだったりという事例が多く存在します。

自身が購入する三脚がどういったものなのか、雲台の構造も数種類ありますので、しっかり検討してから購入してくださいね。

2台持ちならプレートが大活躍

フィルムとデジタル・写真と動画・広角と望遠など、撮り鉄のみなさんのベテラン層は複数機材を同時に使用することもしばしばかと思います。

プレートを1枚挟むだけで、自慢の機材が一度に使えますね。

まずは複数機材を投入するところから……と考えるとハードルが高いですが、一眼レフの横に近年高性能化したスマートフォンで動画撮影をされている方も見かけますので、活用の仕方は色々とありそうです。

おすすめ記事はこちら

コメント