【複雑怪奇】東急5000系列の形態差+編成表~今後の動きは?

スポンサーリンク

2001年度に登場したものの、噂の5178Fや目黒線増結など、まだまだ製造が続く東急5000系列。

5000系・5050系・5080系と多岐にわたる系列群では、製造年度ごとにさまざまな改良を加えており、その形態差は本当に複雑なものとなっています。

大井町線向けの6000系や横浜高速鉄道みなとみらい線用Y500系についても、5000系列と言って差支えがないでしょう。

今回は、製造年度と形式別の形態差をまとめつつ、まだまだ製造が続きそうなこの形式の今後を取りまとめました。

  1. 東急5000系列の登場
  2. 形式ごとの主な違い
    1. 5000系
    2. 5050系
    3. 5080系
    4. Y500系
  3. 複雑になってしまった経緯
    1. イベント①:6扉車組み込み
    2. イベント②:6扉車増強・一部東横線転用の動き
    3. イベント③:副都心線直通の動き
    4. イベント④:ホームドア設置と6扉車置き換えの動き
    5. イベント⑤:元住吉駅脱線事故を巡る動き
    6. イベント⑥:大井町線増結とQ-SEAT設置
  4. 今後の動き~まだまだ製造が続く?
  5. 製造年度別の特徴・組み換えの歴史
    1. 2001年度
      1. 2001年度新造車
    2. 2002年度:量産開始
      1. 2002年度新造車
    3. 2003年度:最初の大きな仕様変更
      1. 2003年度新造車
    4. 2004年度:6扉車が登場・組み替え開始
      1. 2004年度新造車
      2. 2004年度の組み替えの動き
    5. 2005年度:動きなし
    6. 2006年度:組み替え再開
      1. 2006年度新造車
      2. 2006年度の組み替えの動き
    7. 2007年度:6扉車増強継続・6000系登場
      1. 2007年度新造車
      2. 2007年度の組み替えの動き
    8. 2008年度:ドア窓変化・組み替えひと段落
      1. 2008年度新造車
      2. 2008年度の組み替えの動き
    9. 2009年度:組み替え第二章開幕
      1. 2009年度新造車
      2. 2009年度の組み替えの動き(5000系)
    10. 2010年度
      1. 2010年度新造車
      2. 2010年度の組み替えの動き(5000系)
      3. 2010年度の組み替えの動き(5050系)
    11. 2011年度:東横線用4000番台が登場
      1. 2011年度新造車
      2. 2011年度の組み替えの動き
    12. 2012年度:副都心線直通前の増備追い込み
      1. 2012年度新造車
      2. 2012年度の組み替えの動き
    13. 2013年度:異端児2編成が登場
      1. 2013年度新造車
    14. 2014年度:元住吉駅事故対応
    15. 2015年度:元住吉事故代替車が登場・6扉車代替
      1. 2015年度新造車
    16. 2016年度:中間車製造が続く
    17. 2017年度:Y517F登場
      1. 2017年度新造車・除籍車
      2. 2017年度の組み替えの動き
    18. 2018年度
    19. 2019年度:元住吉事故代替車製造中?
      1. 2019年度新造車
      2. 2019年度の組み替えの動き
  6. 現在の編成表
    1. 5000系~田園都市線・10両
    2. 5000系~東横線・8両
    3. 5050系・東横線・8両
    4. 5050系4000番台・東横線・10両
    5. 5080系・目黒線&新横浜線・6両(8両化予定)
    6. 6000系・大井町線・7両(元6両)
    7. 5000系6扉車・除籍解体済
    8. 横浜高速鉄道Y500系
  7. 関連記事はこちら

東急5000系列の登場

東急5000系列は、登場当初はJR東日本・E231系の兄弟車とすることで製造コストを抑え、従来の老朽化した車両たちを置き換えるために開発された形式です。

走行機器などはM-M’ユニットとM-Tユニットを組み合わせることで、M:T比が1:1となる編成で田園都市線・東横線・目黒線向けで製造され、東急の電車としては珍しくラインカラーで路線を示すデザインとなりました。

製造初年度である2001年度には5101Fが田園都市線向けに製造され、それ以降の量産車とは種別幕の形状などの多くの違いが存在しています。

大井町線に投入された6000系についても基本設計はほぼ同一とされており、7両化に伴う増結車では5000系の廃品流用がされている他、今後はQ-SEAT組み込み関係では初となる6000系から5000系列への編入車が登場しそうです。

形式ごとの主な違い

5000系5050系4110F5080系6000系Y500系
全幅2800mm2820mm2800mm2800mm2800mm2800mm
先頭車長20,000mm20,200mm20,200mm20,200mm20,435mm20,200mm
前面薄FRP厚FRP薄FRP+延長薄FRP+延長専用設計薄FRP+延長

前面の薄FRP+延長は、5000系と同じFRPと乗務員扉のつなぎ目を20mmのボディで延長している設計を、当サイトが便宜的に名付けたものです。

5101Fのみ車体幅が2770mmとなっていましたが、以降は2778mm(5050系は2798mm)となっています(表は車側灯を含めた全幅を掲載)。

5000系

田園都市線向けに製造された区分です。

22編成が製造されていますが、現在は後述の計画変更により4編成が東横線で活躍しています。

外観の大きな違いとしては運転台周りが新玉川線・半蔵門線の規定にあわせて短くなっているほか、内装は寒色系の色合いとされています。

6扉車2両を組み込む組み替え、6扉車3両化と一部東横線転用に伴う組み替え、6扉車置き替えの組み替えと3度の大きな組み替え劇を引き起こした張本人であるものの、今後の組み替えの可能性が低い形式です。

後に登場した6扉車代替サハ45両については、緑色の座席・ハイバックシート(ヘッドレスト設置)となってインテリアデザインが変更されています。

5050系

東横線向けの製造された区分です。

外観の違いとしては分厚いFRPと広い車体幅で、これは将来的なATO関連装置搭載改造を考慮したものとなっています。

8両27編成と、副都心線直通に合わせて4000番台10両10編成が製造されています。

副都心線直通開始直後に納車した4110FではShibuya Hikarie号として外装・内装共に特殊仕様となっており、車体幅も田園都市線を走行できる狭幅となり、それに合わせて運転台周りの車体構造は5080系に準じたボディを伸ばす構造で運転台の広さ・先頭車全長は同一となっています。

同じ年に増備した5176Fでは、サハ5576号をSustinaブランドの新構造で試験的に製造していますが、この構造は新形式には引き継がれたものの、5000系列の以降の増備車には採用されていません。

そして、2014年の元住吉駅構内列車衝突事故にて5155Fは事故廃車、5156Fも事故に伴い譲渡されたものの、代替車となる5177Fの入籍が先となっています。

内装は(5000系編入車以外)パステルカラーの可愛らしいものとされていましたが、最新の5177Fでは5000系6扉車代替サハと同じデザインのものが採用されています。

一方で、現在5178Fが製造されており、こちらが編成単位での最後の増車となりそうですね。

5080系

10編成が製造された東急目黒線用の車両で、東横線用5050系とは運転台周りの処理が異なる、ボディの延長により運転台の広さを確保しています。

内装は3000系のデザインを踏襲しているほか、初期の5181F,5182Fでは車内案内や行き先表示器を3000系同様の仕様とするなど、少数ながら個性が強い番台です。

詳細は年度別で記していますが、増発目的で細々製造された5181F〜5184Fと、目黒線の日吉駅延伸にあわせて一気に製造された5185F以降に大別できます。

Y500系

横浜高速鉄道みなとみらい線新規開業に合わせて製造された形式です。

世代としては5000系2次車と同一であるほか、5050系と異なり狭幅ボディ・運転台周りは5080系・4110F同様のボディの延長で運転台幅を確保しています。

会社が異なるので組み替え等の動きに巻き込まれないかと思いきや、元住吉駅列車衝突事故では5156FをY517Fとして移籍が発生、異端児が登場しました(別記事で詳しく紹介しています)。

複雑になってしまった経緯

複雑な転用劇となってしまった背景には、東急電鉄の転々としてしまう計画変更があります。

組み換えや計画変更のうち、年度跨ぎの大きなイベントについて、ピックアップしてみます。

イベント①:6扉車組み込み

東急5000系列を語る上で外せないのが、この6扉車に関連した編成変えでしょう。

日本有数の混雑で知られる東急田園都市線の混雑対策として、田園都市線で増備中の5000系について、JR東日本で実績のある6扉車を組み込むこととなりました。

これに際して、従来の編成についても編成組み換えの上で組み込みを実施することとなりました。

イベント②:6扉車増強・一部東横線転用の動き

このころ、日本航空(JAL)の大株主であった東急電鉄は、JALの経営悪化の問題の煽りを受けて苦しい財政状況に追い込まれていました

先述の動きでは2両組み込まれた6扉車ですが、混雑のピーク列車について(増備する車両を最小限に抑えて)6扉車を3両へ増強することとなりました。

これに伴って初期車を含む編成は逆に4扉車のみとされている他、これにより捻出された4扉車のサハについては、車体幅の違いを乗り越えて増備中の東横線5050系へ組み込みをされることとなります。

更に、当初は田園都市線8500系を全て置き換えるとプレスリリースで意気込みを表していた東急電鉄でしたが、経営悪化に伴う計画変更を余儀なくされました。

東横線の副都心線直通のための車両置き換えが優先され、急遽、車体規格の異なる5000系の一部を東横線で使用することとなりました。

田園都市線で運用を初めたばかりの5121Fと、この計画が検討されたために路線カラーなしで納車した5118F,5119F,5122Fについては東横線へ投入されています。

そして、東横線では8両編成で運用するため、6扉車関連の組み換えと東横線転用どちらでも活用できない1M方式の中間電動車4両については、なんと電装解除の上で東横線の新造車に組み込んでいます。

しかしながら、さすがにこちらは暫定措置となっており、東横線向けの10両編成製造にあたって4101F〜4104Fの中間電動車に組み込みとなりました(該当編成の8両編成のサハを新造)。

イベント③:副都心線直通の動き

当初、副都心線対応については定期検査と同様に恩田工場にて施工される予定となっていました。

しかしながら、その途中から甲種輸送にて東急車輌〜現:総合車両製作所にて改造されることとなっています。

これ自体は5050系の増備で終わるはずでしたが、先述の5000系を編入することとなって編成組み換えの余波は増備中の5050系後期車も影響を受けています。

既存車の置き換え・運用増分の増投入・改造予備車としての所用増など、増備の目的がまちまちとなっており、このころの動きは複雑そのものでした。

イベント④:ホームドア設置と6扉車置き換えの動き

混雑対策として5000系に6扉車を投入した東急電鉄。

しかし、時代の流れでホームドア設置を行うこととなります。

JAL問題もすっかり片付いて勢いのある東急電鉄は、まず全線に転落防止の金属柵を設置。

その後、2020年度までに全線へホームドアを設置することと、それに合わせて支障となる6扉車を置き換えることとなりました。

このため、田園都市線で活躍する5000系18編成のうち15編成に組み込んでいた6扉車、計45両を全て新造車へ置き換えることとなりました。

イベント⑤:元住吉駅脱線事故を巡る動き

2014年2月に発生した元住吉駅列車衝突事故では、事故当該となった5155FとY516Fが廃車となりました。

Y516Fの補填として5156Fが横浜高速鉄道に譲渡されています。

また、不足する2編成分の車両について、2016年度に5177Fが製造されている他、現在5178Fが目撃されています。

イベント⑥:大井町線増結とQ-SEAT設置

大井町線急行列車運転開始に伴って製造された6000系6両6編成について、輸送力向上を目的に7両編成に改めることとなりました。

これにはちょうど同時期に廃車が進められていた5000系6扉車の一部部品が再活用されており、目立つ点としてはドア上液晶ディスプレイのカバーが5000系譲りの寒色となっています。

その後、6020系で営業が始まったQ-SEATについて、予備車がないために6000系を1両改造することが報道されていました。

しかし、最近になって6000系Q-SEAT車が2両新車にて製造されています。

これにより2両の余剰車が発生するため、この2両の中間電動車については5000系列に編入されるものと推測されています。

今後の動き~まだまだ製造が続く?

こちらは別記事で詳しく触れていますが、まずは目黒線・新横浜線用の増結車両が製造されることはほぼ確実でしょう。

その一方で、共に8両編成で同じ元住吉検車区所属となる5050系と5080系ですが、運用共通化の可能性は微妙なところです。

これは、ラインカラーで誤乗を防いでいることや、乗り入れ機器を双方に準備するというデメリット、目黒線用には3020系を新規開発している一方で東横線用5050系を製造していることが挙げられます。

一方で、新型の3020系では水色に変更されており、これが目黒線・新横浜線の新ラインカラーと考えるのが自然でしょう。

そのため、編成組み換えとともに5080系が水色となる可能性も考えられます。

登場以来ずっとカオスな組み替えで話題が尽きない5000系列、まだまだ話題は尽きないので目が離せませんね。

製造年度別の特徴・組み換えの歴史

なお、この項で紹介している車両組み替えについては、分かりやすさを重視して、年度末製造→翌年度に入ってから組み替えたものについても前年度の車両投入に伴う組み替えという観点から、前の年度に記載しているものがあります

細かい年月を追いたい方は他の文献も合わせてご活用ください。

2001年度

量産先行車の意味合いで、1編成が新造されました。

現在も仕様が大きく異なるほか、それゆえに組み替え劇には巻き込まれず、登場当初の組成のままとなっています(のちに5101F用の6扉車は製造されるも、計画変更でなくなりました)。

2001年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5101F5101520153015401550156015701580159015001

2002年度:量産開始

翌年度から、本格的な増備車として、まずは5編成が製造されています。

種別幕の枠の形状や、屋根構造など細部が大きく変化しました。

2003年2月に新規開業となる横浜高速鉄道みなとみらい線用に、Y511〜Y516Fが登場しました。

こちらでは、乗務員室を広くするため、前面FRPと乗務員扉の間に20mm程度のすき間が存在しています。

また、Y500系では付番を整備のしやすさや将来の10両化の観点からこの頃の5000系と揃えたものとなっています。

その後の5000系や5050系4000番台では全く異なるものとなってしまったため、この付番規則はY500系特有のものとなってしまいました。

この頃の編成表同士を見比べると一目瞭然ですね。

そして、ダイヤ改正に合わせた増車を目的に目黒線用に5080系が1編成製造されましたが、1形式1編成となるため、3000系の仕様である3色LEDの行き先表示器や車内液晶ディスプレイ非設置など、3000系と5000系の合いの子的な存在です。

2002年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5102F5102520253025402550256025702580259025002
5103F5103520353035403550356035703580359035003
5104F5104520453045404550456045704580459045004
5105F5105520553055405550556055705580559055005
5106F5106520653065406550656065706580659065006
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5181F518152815381548155815681
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
Y511FY511Y541Y551Y561Y571Y581Y591Y501
Y512FY512Y542Y552Y562Y572Y582Y592Y502
Y513FY513Y543Y553Y563Y573Y583Y593Y503
Y514FY514Y544Y554Y564Y574Y584Y594Y504
Y515FY515Y545Y555Y565Y575Y585Y595Y505
Y516FY516Y546Y556Y566Y576Y586Y596Y506

2003年度:最初の大きな仕様変更

翌年度から早速仕様変更がされています。

これは、方向幕+3色LEDからフルカラーLED+白色LEDに改めたものです。

ここで初登場となる東横線用5050系のチャームポイントとなるかと思いきや、翌年からは5000系などにも広がっています。

一方で、5080系では5181Fと同様に独自仕様のものが引き続き製造されました。

2003年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5151F51515251535154515551565157515851
5152F51525252535254525552565257525852
5153F51535253535354535553565357535853
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5182F518252825382548255825682

2004年度:6扉車が登場・組み替え開始

先述の5050系で採用された5000系が初登場となりますが、ここで初めて6扉車2両の組み込みが始まり、この2両組み込み以降は3両化・4扉車で置き換えとなった現在までこの5107Fの組成が引き継がれています

新造の5107Fのほか、既存の5104Fにも組み込みが行われ、あふれた5104Fのサハ2両のうち、片方がサハ5807へ、もう片方は今後の新造車に組み込むとして休車

……となればシンプルなのですが、このサハ5304、東武線内の踏切事故で損傷した車両です。

代替新造(修理扱い)で東急車輛へ入場しています。

2004年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5107F510752075307欠車550756075707580759075007
形式サハ(T2N)サハ(T1N)
5104F55045804
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5154F51545254535454545554565457545854
5155F51555255535554555555565557555855
5156F51565256535654565556565657565856
5157F51575257535754575557565757575857
5158F51585258535854585558565857585858

2004年度の組み替えの動き

・5104F=組成順序変更・6扉2両組み込み

クハ
(Tc2)
デハ(M)サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5104F
(Ⅰ)
5104
5204
5304
→事故
5404
5504
5604
→5407
5704
5804
5904
5004
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5104F
(Ⅱ)
5104
5204
元5404
5304
元5504
5404
元5704
5504
(新)
5604
元5804
5704
元5904
5804
(新)
5904
元5204
5004

・5107F=新造車9両に旧サハ5604を組み込み

2005年度:動きなし

この年は新造や組み替えなどの大きな動きはありませんでした。

事故で損傷した余剰サハ:元5304の組み込みも翌年まで待つこととなります。

2006年度:組み替え再開

6扉車の運用が評価され、増備車と既存車への組み込みが再開されました。

このほか、東横線でも増備が進んで東横線渋谷発着の最大勢力となりました。

目黒線では、行き先表示器・車内ディスプレイなど、5000系列の標準仕様に変更された5183F,5184Fが投入されています。

2006年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5108F510852085308欠車550856085708580859085008
5109F510952095309欠車550956095709580959095009
5110F511052105310欠車551056105710581059105010
形式サハ(T2N)サハ(T1N)
5106F55065806
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5159F51595259535954595559565957595859
5160F51605260536054605560566057605860
5161F51615261536154615561566157615861
5162F51625262536254625562566257625862
5163F51635263536354635563566357635863
5164F51645264536454645564566457645864
5165F51655265536554655565566557655865
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5183F518352835383548355835683
5184F518452845384548455845684

2006年度の組み替えの動き

・5106F=組成順序変更・6扉2両組み込み 5104Fとサハの拔取号車が異なります。

前回は踏切事故の関係がありましたので、この組み替えが基本形となります。

クハ
(Tc2)
デハ(M)サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5106F
(Ⅰ)
5106
5206
5306
5406
5506
5606
→5410
5706
→5409
5806
5906
5006
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5106F
(Ⅱ)
5106
5206
元5406
5306
元5506
5406
元5306
5506
(新)
5606
元5806
5706
元5906
5806
(新)
5906
元5206
5006

・5108F=新造車9両に休車となっていた旧サハ5304(書類上:実際は代替新造車)を組み込み

・5109F=新造車9両に旧サハ5706を組み込み

・5110F=新造車9両に旧サハ5606を組み込み

2007年度:6扉車増強継続・6000系登場

前年度に引き続いた増備となります。

弟分となる6000系が登場しましたが、こちらは翌年度以降の5000系列に反映されるドア窓複層ガラスが採用されています。

前面形状こそ独自のものですが、走行機器や編成構成などは5080系に揃えられています。

18m車verとなる7000系が製造されていますが、この記事では割愛しています。

2007年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5111F511152115311欠車551156115711581159115011
5112F511252125312欠車551256125712581259125012
5113F511352135313欠車551356135713581359135013
5114F511452145314欠車551456145714581459145014
形式サハ(T2N)サハ(T1N)
5105F55055805
5103F55035803
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5166F51665266536654665566566657665866
5167F51675267536754675567566757675867
5168F51685268536854685568566857685868
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
6101F610162016301640165016601
6102F610262026302640265026602
6103F610362036303640365036603
6104F610462046304640465046604
6105F610562056305640565056605
6106F610662066306640665066606

2007年度の組み替えの動き

・5105F=組成順序変更・6扉2両組み込み

クハ
(Tc2)
デハ(M)サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5105F
(Ⅰ)
5105
5205
5305
5405
5505
5605
→5412
5705
→5411
5805
5905
5005
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5106F
(Ⅱ)
5105
5205
元5405
5305
元5505
5405
元5305
5505
(新)
5605
元5805
5705
元5905
5805
(新)
5905
元5205
5005

・5103F=組成順序変更・6扉2両組み込み

クハ
(Tc2)
デハ(M)サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5103F
(Ⅰ)
5103
5203
5303
5403
5503
5603
→5414
5703
→5413
5803
5903
5003
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5103F
(Ⅱ)
5103
5203
元5403
5303
元5503
5403
元5303
5503
(新)
5603
元5803
5703
元5903
5803
(新)
5903
元5203
5003

・5111F=新造車9両に旧サハ5705を組み込み

・5112F=新造車9両に旧サハ5605を組み込み

・5113F=新造車9両に旧サハ5703を組み込み

・5114F=新造車9両に旧サハ5603を組み込み

2008年度:ドア窓変化・組み替えひと段落

この年度は大きな動きとして、6000系で採用されたドア窓の複層ガラス化が行われました。

また、この年度では5101F以外の初期車への6ドア車組み込みを完遂したほか、久々の5000系完全新製編成が登場しています。

翌年度以降はさらなる複雑な動きが始まりますが、嵐の前の静けさといったところでしょうか。

5117F,5118Fが欠番となり、雲行きが怪しい象徴ですね。

2008年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5115F511552155315欠車551556155715581559155015
5116F511652165316欠車551656165716581659165016
5117F5117521753175417551756175717581759175017
5120F5120522053205420552056205720582059205020
形式サハ(T2N)サハ(T1N)
5102F55025802

2008年度の組み替えの動き

・5102F=組成順序変更・6扉2両組み込み 5104Fのサハの拔取号車と同じに戻りました。

この辺の繋ぎ変えは、連結器や床下機器の小改造と、既存車の検査期限や6扉車対応装置設置のバランスで決めていそうですね。

クハ
(Tc2)
デハ(M)サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5102F
(Ⅰ)
5102
5202
5302
→5415
5402
5502
5602
→5416
5702
5802
5902
5002
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5102F
(Ⅱ)
5102
5202
元5402
5302
元5502
5402
元5702
5502
(新)
5602
元5802
5702
元5902
5802
(新)
5902
元5202
5002

・5115F=新造車9両に旧サハ5302を組み込み

・5116F=新造車9両に旧サハ5602を組み込み

2009年度:組み替え第二章開幕

せっかく6扉車の組み込みが前年度に終わったのに、この年度から3両化が開始されます。

この計画変更により、この年度の新造編成である5121Fは6扉2両のままだったり、5101F用の6扉車は納車後試運転をする前に改番されるなど、かなり混沌としてきました。

5000系の東横線仕様・5050系の編入など、転用劇はさらに難しくなってきます。

2009年度新造車

入籍順序は5121F→5122F→5117F→5118Fとなっています。

2008年度末に甲種輸送するも、処遇未定だったために2009年度に入籍しています。

甲種輸送時点では、5121F・5122Fと6扉車のみが緑色帯つき、他は無色となっていました。

そして、5121Fのみが田園都市線で運転を開始しました。

この甲種輸送時点の番号から、発注〜製造途中の段階では、5101F〜5122Fの22編成全てを6扉車2両とする計画だったことが伺えます

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5121F5121522153215421552156215721582159215021
5122F5122522253225422552256225722582259225022
5118F511852185318欠車551856185718581859185018
5119F511952195319欠車551956195719581959195019
形式サハ(T2N)サハ(T1N)
5101F55015801

2009年度の組み替えの動き(5000系)

6扉車3両化では、無色で登場した3編成分と、その編成用だった6扉車を活用しつつ、既存の5102F〜5104Fを4扉車編成に、それ以外の既存編成は6扉3両とする方針で進められています。

ただし、1両足りないために5121Fは2両組み込みのまま営業運転を始めました。

・5117Fと5122Fの組み替え

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5117F
(Ⅰ)
5117
5217
5317
5417
→5522
5517
5617
5717
5817
5917
5017
5122F
(Ⅰ)
5122
5222
5322
5422
5522
→5417
5622
5722
5822
→休車
5922
→休車
5022
改番
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5117F
(Ⅱ)
5117
5217
5317
5417
元5522
5517
5617
5717
5817
5917
5017
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5122F
(Ⅱ)
5122
5222
5322
5422
5522
5622
5722
5822
元5022

・5107Fと5108Fと5118Fの組み替え

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5107F
(Ⅰ)
510752075307元5604
5407
→5518
550756075707580759075007
5108F
(Ⅰ)
510852085308元5304
5408
→5418
550856085708580859085008
5118F
(Ⅰ)
5118
5218
5318
5418
5518
→5407
5618
5718
5818
→5408
5918
→休車
5018
改番
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5107F
(Ⅱ)
5107520753075407
元5518
550756075707580759075007
5108F
(Ⅱ)
5108520853085408
元5818
550856085708580859085008
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5118F
(Ⅱ)
5118

5218

5318

5418
元5408
元5304
5518
元5407
元5604
5618

5718

5818
元5018

・5109Fと5110Fと5119Fの組み替え

こちらは5107F,5108F,5118Fと全く同じ組み替えパターンとなっています。

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5109F
(Ⅰ)
510952095309元5706
5409
→5519
550956095709580959095009
5110F
(Ⅰ)
511052105310元5606
5410
→5419
551056105710581059105010
5119F
(Ⅰ)
51195219531954195519
→5409
561957195819
→5410
5919
→休車
5019
改番
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5109F
(Ⅱ)
5109520953095409
元5519
550956095709580959095009
5110F
(Ⅱ)
5110521053105410
元5819
551056105710581059105010
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5119F
(Ⅱ)
5119

5219

5319

5419
元5410
元5606
5519
元5409
元5706
5619

5719

5819
元5019

・5105Fと5106Fと5101F予定だった6扉車の組み替え

5101F用に発注したものの、組み込まずに休車となっていた6扉車を活用した組み替えです。

納車後未使用、番号重複しているのがややこしいですが、抜き取られた車両が代わりに休車になっているだけなので、シンプルではありますね。

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5105F
(Ⅰ)
5105
5205
5305
5405
→休車
5505
5605
5705
5805
5905
5005
5106F
(Ⅰ)
5106
5206
5306
5406
→休車
5506
5606
5706
5806
5906
5006
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5105F
(Ⅱ)
5105
5205
5305
5405
元5501
5505
5605
5705
5805
5905
5005
5106F
(Ⅱ)
5106
5206
5306
5406
元5801
5506
5606
5706
5806
5906
5006

・5120Fとサハ5822の組み替え

最初の5117Fの組み替えで余っていた6扉車、サハ5822については、ここまでの組み替えののちに5120Fに組み替えられました。

この番号選定ですが、経年差をなるべく縮める狙いがあったのかなと思います。

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5120F
(Ⅰ)
5120
5220
5320
5420
→休車
5520
5620
5720
5820
5920
5020
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5120F
(Ⅱ)
5120
5220
5320
5420
元5822
5520
5620
5720
5820
5920
5020

2009年夏時点での5000系の布陣

オール4扉:5101F

6扉2両組込:5102F〜5104F,5111F〜5116F,5121F

6扉3両組込:5105F〜5110F,5117F,5120F

東横線8両:5118F,5119F,5122F

1M余剰車:デハ5918,5919,5922

T余剰車:サハ5405,5406,5420

残された2両組み込みの編成ですが、こちらは余剰の4扉サハを玉突き要員としながら既存編成の組替で3両化を行なっています

・5102F6扉車→5111F,5112Fへ組み替え

5111F,5112Fは5105Fとして製造され、6扉2両化の動きで余剰となった4扉サハが組み込まれていた編成です。

このサハを休車とし、直前の5105F,5106Fの6扉3両化で休車となったサハ5405,5406を再利用しています。 

そして、既存の5402は編成内で5802に移動しているという細かい変化も。

旧形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5102F(Ⅱ)5102
5202
5302
5402
組替
5502
→5411
5602
5702
5802
→5412
5902
5002
5111F(Ⅰ)511152115311元5705
5411
→休車
551156115711581159115011
5112F(Ⅰ)511252125312元5605
5412
→休車
551256125712581259125012
新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5102F(Ⅲ)5102
5202
5302
5402
元5406
5502
元5405
5602
5702
5802
元5402
5902
5002
新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5111F(Ⅱ)5111
5211
5311
5411
元5502
5511
5611
5711
5811
5911
5011
5112F(Ⅱ)5112
5212
5312
5412
元5802
5512
5612
5712
5812
5912
5012
余剰車の変化サハ(T3)サハ(T3)
組替前余剰車54055406
組替後余剰車5411(元5705)5412(元5605)

・5103F6扉車→5113F,5114Fへ組み替え

以降の組み替えは同じ方法で行われています……とならないのが東急5000系列。

5102FでT3→T1に編成内組み替えが行われましたが、5103F,5104Fではそのままとされています。

5103Fとして生まれ、5113F,5114Fで活躍していた4扉車、久々に元の編成に戻る……ことは叶わず、先ほど同様、入れ替わりで休車となっています。

そして、1つ前の組み替えで抜き取られた5105F生まれ・5111F,5112F育ちの4扉車が組み込まれています。

旧形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5103F(Ⅱ)5103
5203
5303
5403
5503
→5413
5603
5703
5803
→5412
5903
5003
5113F(Ⅰ)511352135313元5703
5413
→休車
551356135713581359135013
5114F(Ⅰ)511452145314元5603
5414
→休車
551456145714581459145014
新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5103F(Ⅲ)5103

5203

5303

5403

5503
元5412
元5605
5603

5703

5803
元5411
元5705
5903

5003

新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5113F(Ⅱ)5113
5213
5313
5413
元5503
5513
5613
5713
5813
5913
5013
5114F(Ⅱ)5114
5214
5314
5414
元5803
5514
5614
5714
5814
5914
5014
余剰車の変化サハ(T3)サハ(T3)
組替前余剰車5411(元5705)5412(元5605)
組替後余剰車5413(元5703)5414(元5603)

・5104F6扉車→5115F,5116Fへ組み替え

旧形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5104F(Ⅱ)5104
5204
5304
5404
5504
→5415
5604
5704
5804
→5416
5904
5004
5115F(Ⅰ)511552155315元5702
5415
→休車
551556155715581559155015
5116F(Ⅰ)511652165316元5602
5416
→休車
551656165716581659165016
新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5104F(Ⅲ)5104

5204

5304

5404

5504
元5414
元5603
5604

5704

5804
元5413
元5703
5904

5004

新形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5115F(Ⅱ)5115
5215
5315
5415
元5504
5515
5615
5715
5815
5915
5015
5116F(Ⅱ)5116
5216
5316
5416
元5804
5516
5616
5716
5816
5916
5016
余剰車の変化サハ(T3)サハ(T3)
組替前余剰車5413(元5703)5414(元5603)
組替後余剰車5415(元5302)5416(元5602)

以上の玉突き組み替えをすることで、5121F以外の3両組み込みが完遂しました。

また、この時点では5101F〜5104Fがオール4扉編成です。

2009年度末時点での5000系の布陣

オール4扉:5101F〜5104F

6扉2両組込:5121F

6扉3両組込:5105F〜5117F,5120F

東横線8両:5118F,5119F,5122F

1M余剰車:デハ5918,5919,5922

T余剰車:サハ5415(元5302),5416(元5602),5420

2010年度

2010年度新造車

こちらは後述の様々な組み替えを想定しつつ、必要な車両のみが製造された年度となります。

5000系でも発生していた製造順序の変更も行われています。

先にデハのみ組み込み=改造対象が1両のみとなる5169F,5173F,5174Fを優先させたのでしょうか。

苦しい台所事情とともに、この年度製造の編成では現在も異端っぷりが色濃く残っています。

形式サハ(T3N)
5104F5404
形式クハ(Tc2)デハ(M2)デハ(M1)サハ(T2)サハ(T1)デハ(M2)デハ(M1)クハ(Tc1)
5169F516952695369欠車5569566957695869
5173F517352735373欠車5573567357735873
5174F517452745374欠車5574567457745874
5170F517052705370欠車欠車567057705870
5171F517152715371欠車欠車567157715871
5172F517252725372欠車欠車567257725872

2010年度の組み替えの動き(5000系)

5121Fのみとなった6扉車を解消するために6扉車1両を作って解消することになりますが、こちらはそのまま5121Fに組み込む訳ではなく、5121Fの6扉車2両と新製1両を5104Fに組み込み、5104Fが6扉3両化という玉突きを行なっています。

5104Fはオール4ドア→6ドア2両→オール4ドア→6ドア3両と転々とすることとなっています。

一方で、追い出された5121Fは8両化の上で東横線転用となっていますが、5121Fのサハは元サハ5420を活用したために組み込み車とその他での大きな違いがない編成となりました。

これにより、いわゆるボロサハ組込の5118F・5119F、外観は綺麗な5121F・5122Fという現在の東横線5000系4編成体制を確立しました。

そして、余剰車が5050系に転用されることとなる他は、5000系の編成跨ぎの組み替え劇は完結となります。

・5104Fへ再度6扉車組込・5121F東横線への組み替え

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5104F(Ⅲ)

5104


5204


5304


5404
→休車
元5603
元5414

5504
→休車


5604


5704
元5703
元5413

5804
→休車


5904


5004
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5121F(Ⅰ)5121
5221
5321
5421
5521
→5504
5621
5721
5821
→5804
5921
→休車
5021
改番
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3N)
サハ
(T2N)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1N)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5104F(Ⅳ)5104
5204
5304
5404
新製
5504
元5521
5604
5704
5804
元5821
5904
5004
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5121F(Ⅳ)5121
5221
5321
5421
5521
元5420
5621
5721
5821
元5021

2010年夏時点での5000系の布陣

オール4扉:5101F〜5103F

6扉2両組込:消滅

6扉3両組込:5104F〜5117F,5120F

東横線8両:5118F,5119F,5122F,5122F

1M余剰車:デハ5918,5919,5921,5922

T余剰車①:5415(元5302),5416(元5602)

T余剰車②:サハ5404,5504(←5414←5603),5804(←5413←5703)

※現実には余剰車②が発生する前に1M余剰車が5050系に転用されています。

2010年度の組み替えの動き(5050系)

上記の動きと同時進行で行われたのが、5050系増備車と5000系余剰車9両の5050系転用です。

余剰となっていた1M余剰車4両、5104F生まれのサハ3両、前年度からの余剰サハ2両という生い立ちも形式もバラバラな5000系が5050系に編入され、この年度製造の5169F〜5174Fのサハとして運用をされています。

実は、上記の5000系の動きの少し前から始まっているので、5104Fから抜き取られたサハと1M余剰車は同時期には存在していませんが、別項にした方が分かりやすいので便宜的に記しています。

・5169Fの組み込み

5169Fでは、電装解除された1M電動車デハ5918をサハ5469として組み込んでいます。

これは、続く5173F,5174Fでも同様の組み込みとなります。

・5173Fへの組み込み

こちらではデハ5919をサハ5473として組み込みました。

・5174Fへの組み込み

前例と同じ形態でデハ5922をサハ5474として組み込みをしています。

・5170Fへの組み込み

ここまでは電装解除車1両を組み込む動きでしたが、こちらでは初めて5000系幕車のサハ2両を組み込んでいます。

5102F生まれ、5115F,5116F育ちの2両は、この5170Fが安住の地となります。

5170Fも登場時のこの組み込みで完成形となります。

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5170F5170

5270

5370

5470
元5416
元5602
5570
元5415
元5302
5670

5770

5870

・5171Fへの組み込み

5170F同様、幕車であるサハが2両組み込まれました。

5171Fには、5103Fに生まれ、5113F,5114Fで活躍のうち、一旦5104Fに組み込まれたサハ2両が活用されています。

2002年度に生まれてから十年足らずで3回目となる改番を迎えた彼らも、この5171Fの一員として現在も活躍しています。

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5171F5171


5271


5371


5471
元5504
元5414
元5703
5571
元5804
元5413
元5603
5671


5771


5871


・5172Fへの組み込み

5172Fでは、いわゆるボロサハと電装解除車両方が組み込まれるという最大級の異端児となりました。

また、デハ5921は唯一田園都市線で営業運転実績がある電装解除車となりました(他は製造以来休車でした)。

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5172F5172

5272

5372

5472
元5921
電装解除
5572
元5404
元5704
5672

5772

5872

なお、電装解除のメニューが車両により異なっており、最初に改造されていたデハ5918→サハ5469ではパンタグラフ以外にも床下機器の多くが撤去されていましたが、最後に転用されたデハ5921→サハ5472では小規模に留まっています。

これは、後半の改造の時点で後述の再転用の時期が近くなってきたことに起因するものと見られています。

2011年度:東横線用4000番台が登場

この年度では5050系4000番台が登場しています。

前年度にサハとして代用されていたデハ5918,5919,5921,5922として生まれた車両4両が抜き取られ、それぞれデハ4601〜4604となりましたが、そもそも4000番台は各乗り入れ路線での試運転ののちに8両化して東横線で暫定運用となったため、そのほとんどがまた休車生活を送ることとなります。

一方で、暫定運用車の代替のサハを新製されたものの、こちらも床下機器の関係からか4号車と5号車をスライドする形で組み替えるというややこしい動きをしています。

5000系の編成跨ぎの車両組み替えはこの年度でひと段落となり、これ以降はしばらくの間、4000番台のM-Tユニットが外されたり戻ったりという動きのみとなります。

なお、最後のデハ5921の電装解除からわずか半年後にこの組み替えが始まりました。

2011年度新造車

形式クハ(Tc2)デハ(M2)デハ(M1)サハ(T2)サハ(T1)デハ(M2)デハ(M1)クハ(Tc1)
5175F51755275537554755575567557755875
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4101F41014201430144014501欠車4701480149014001
4102F41024202430244024502欠車4702480249024002
4103F41034203430344034503欠車4703480349034003
4104F41044204430444044504欠車4704480449044004
4105F4105420543054405450546054705480549054005
4106F4106420643064406450646064706480649064006
形式デハ(M)
5169F5569
5173F5573
5174F5574
5172F5572

2011年度の組み替えの動き

前年度に暫定サハとして使用開始した1M車ですが、本年度増備に伴う再転用にて4000番台の最初の4編成に組み込む形で解消しています。

そのための代替サハを組み替えペアとなる新造編成と一緒に納車しているので、わかりやすい動きではあります。

一方で、製造されたのはサハ5550となり、既存の車両も改番をするという5000系列でありがちな細かな車番変更も発生しています。

・4101Fと5169Fの組み替え

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4101F41014201430144014501欠車4701480149014001
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5169F
(Ⅰ)

5169


5269


5369

元5918
5469
4601へ
再電装

5569
組替

5669


5769


5869

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4101F4101

4201

4301

4401

4501

4601
元5469
元5918
4701

4801

4901

4001

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5169F
(Ⅱ)
5169526953695469
元5569
5569
新造
566957695869

・4102Fと5173Fの組み替え

以降の組み替えは同様の順番で行われて行きます。

前年度の組み込み順に再改造されているのは分かりやすいですね。

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4102F41024202430244024502欠車4702480249024002
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5173F
(Ⅰ)

5173


5273


5373

元5919
5473
→4602
再電装

5573


5673


5773


5873

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4102F4102

4202

4302

4402

4502

4602
元5473
元5919
4702

4802

4902

4002

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5173F
(Ⅱ)
5173527353735473
元5573
5573
新造
567357735873

・4103Fと5174Fの組み替え

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4103F41034203430344034503欠車4703480349034003
クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5174F
(Ⅰ)

5174


5274


5374

元5922
5474
→4603
再電装
5574
組替

5674


5774


5874

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4103F4103

4203

4303

4403

4503

4603
元5474
元5922
4703

4803

4903

4003

クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5174F
(Ⅱ)
5174527453745474
元5574
5574
新製
567457745874

・4104Fと5172Fの組み替え

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4104F41044204430444044504欠車4704480449044004
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5172F
(Ⅰ)


5172



5272



5372


元5921
5472
→4604
再電装
元5704
元5404
5572
組替


5672



5772



5872

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4104F4104

4204

4304

4404

4504

4604
元5472
元5921
4704

4804

4904

4004

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5172F
(Ⅱ)
5172


5272


5372


5472
元5572
元5404
元5704
5572
新製

5672


5772


5872


なお、この2011年度には自社・他社線での試運転ののちに、4101F,4102Fがデハ4600-サハ4700を抜いた暫定8両化の上で営業運転を始めました。

2012年度:副都心線直通前の増備追い込み

必要となる車両の増備完遂を目的に4107F〜4109Fが製造されましたが、この3編成は直通運転開始まで運用入りはしませんでした。

8両編成で運用されたのが4101F〜4103F、直通先で先行運用されたのが4104F〜4106Fとなります。

直通まで暫定で8両として使用されていた4101F〜4103Fが10両化される以外の大きな動きはなかったほか、これ以降の製造は細々としたものとなっていますので、5000系列の本格増備はここでひと段落となります。

目立った組み替えはないものの、副都心線乗り入れ改造工事完了と直前の車両総入れ替えという一大イベントもありました。

2012年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4107F4107420743074407450746074707480749074007
4108F4108420843084408450846084708480849084008
4109F4109420943094409450946094709480949094009

2012年度の組み替えの動き

2012年度には4103Fがデハ4600-サハ4700を抜いた暫定8両化の上で営業運転を始め、直通運転を前に3編成が10両編成に戻っています。

2013年度:異端児2編成が登場

Shibuya Hikarie号の4110FとSustina組み込みの5176Fが製造されました。

この2編成は純増となっています。

直通運転開始に間に合わせなかったのは、9000系の転用改造ペース・車両の置き場がない・予算などの様々な要素が考えられますね。

そもそも特別仕様の4110Fはデビュー日に向けて製造していた車両ですから、計画的なものだったことには違いありません。

2013年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4110F4110421043104410451046104710481049104010
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5176F51765276537654765576567657765876

2014年度:元住吉駅事故対応

大きな動きは収束して、しばらく安泰と思われていたところ、2014年2月に元住吉駅構内列車追突事故が発生、早速苦しい車両繰りを迫られることとなります。

Y500系の陸送などがあったものの、書類上の動きはだいぶ先となります。

2015年度:元住吉事故代替車が登場・6扉車代替

異端児の5177Fと、6扉車の置き換えが始まったのがこの年度となります。

また、せっかく組み替えなどの苦労を経て運用していた6扉車ですが、ホームドア設置という時代の流れの影響を受けて45両全てを置き換えることとなります。

彼らはプレスリリースにて発表されましたが、ひっそりと製造された5177Fについても同様の仕様が継承されました。

クハ・デハの製造は5176F以来久々ですが、元住吉事故代替という特性からスノープラウが設置されたほか、全密閉モーターなどの最新技術も投入されています。

5000系代替サハの仕様はそのまま5177Fにも継承されており、ここで番台区分による内装の違い(転用車以外)という文化は完全に途絶えることとなります。

2015年度新造車

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5177F51775277537754775577567757775877

2016年度:中間車製造が続く

2017年度:Y517F登場

別記事で詳しく触れていますが、元住吉駅事故関連で5156Fが移籍してY517Fになりました。

この他、事故当該車である5155F,Y516Fが除籍されています。

書類上は単純な譲渡ではないのですが、そのあたりは別記事にて紹介しています。

また、大井町線7両化のために6000系増備車が製造されたのもこの年度です。

2017年度新造車・除籍車

【新造車】

形式デハ
(M1)
6101F6301
6102F6302
6103F6303
6104F6304
6105F6305
6106F6306

【事故除籍車】

除籍クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5155F51555255535554555555565557555855
Y516FY516Y546Y556Y566Y576Y586Y596Y506

2017年度の組み替えの動き

横高譲渡クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)

5156F
51565256535654565556565657565856

Y517F
Y517Y547Y557Y567Y577Y587Y597Y507
クハ
(Tc2)
デハ
(M)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)

6101〜6F
(Ⅰ)
610*620*増結前630*640*650*660*

6101〜6F
(Ⅱ)
610*
620*
630*
640*
旧630*
650*
旧640*
660*
旧650*
670*
旧660*

*には1〜6の編成番号末尾

2018年度

大きな動きがない年度となっています。

2020系の製造も始まった一方で、5080系の8両化は当面先ですので、しばらくは動きがないものかと思われていました。

しかし、5118Fの中間車サハ5518が西武線内の踏切事故で損傷、年度末に総合車両製作所に陸送されています。

この車両は5104Fのサハ5604として生まれ、東武線内の踏切事故では大きな損傷がなかったために5107Fサハ5407として組込、その後の6扉車3両化・東横線転用にあわせて5118Fのサハ5518となっています。

相方のサハ5418はサハ5304として生まれ、東武線内の踏切事故で代替新造を経験、その後5108Fサハ5408を経験している車両となります。

つまり、5118Fのいわゆるボロサハ2両はどちらも陸送での里帰りを経験しています。

なお、もう1両のサハ5704生まれの車両はその後5404→5572→5472と改番を重ね、別形式になりながらも東横線の同僚として活躍しています。

2019年度:元住吉事故代替車製造中?

別記事記載の動きの通りとなります。

また、6000系へのQ-SEAT組み込みの動きも別記事に掲載しています。

2019年度新造車

形式デハ
(M1)
6101F6301
6102F6302

5178F製造中?

2019年度の組み替えの動き

クハ
(Tc2)
デハ
(M)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)

6101F
(Ⅱ)

6101

6201

6301
→休車
元6301
6401
元6401
6501
元6501
6601
元6601
6701

6101F
(Ⅲ)
6101

6201

6301
新造
6401

旧6301
6501

旧6401
6601

旧6501
6701

旧6601
クハ
(Tc2)
デハ
(M)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)

6102F
(Ⅱ)

6102

6202

6302
→休車
元6302
6402
元6402
6502
元6502
6602
元6602
6702

6102F
(Ⅲ)
6102

6202

6302
新造
6402

旧6302
6502

旧6402
6602

旧6502
6702

旧6602

現在の編成表

5000系~田園都市線・10両

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T3)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5101F
特殊仕様
5101520153015401550156015701580159015001
形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T1)
デハ
(M)
クハ
(Tc1)
5102F
(Ⅲ)
5102520253025402550256025702580259025002
5103F
(Ⅲ)
5103520353035403550356035703580359035003
5104F
(Ⅴ)
5104520453045404550456045704580459045004
5105F
(Ⅳ)
5105520553055405550556055705580559055005
5106F
(Ⅳ)
5106520653065406550656065706580659065006
5107F
(Ⅲ)
5107520753075407550756075707580759075007
5108F
(Ⅲ)
5108520853085408550856085708580859085008
5109F
(Ⅲ)
5109520953095409550956095709580959095009
5110F
(Ⅲ)
5110521053105410551056105710581059105010
5111F
(Ⅲ)
5111521153115411551156115711581159115011
5112F
(Ⅲ)
5112521253125412551256125712581259125012
5113F
(Ⅲ)
5113521353135413551356135713581359135013
5114F
(Ⅲ)
5114521453145414551456145714581459145014
5115F
(Ⅲ)
5115521553155415551556155715581559155015
5116F
(Ⅲ)
5116521653165416551656165716581659165016
5117F
(Ⅲ)
5117521753175417551756175717581759175017
5120F
(Ⅲ)
5120522053205420552056205720582059205020

5104F以降のサハ車:6扉置き換えで製造されたハイバックシート仕様の最新仕様

5000系~東横線・8両

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5118F51185218531854185518561857185818
5119F51195219531954195519561957195819
5121F51215221532154215521562157215821
5122F51225222532254225522562257225822

5050系・東横線・8両

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5151F51515251535154515551565157515851
5152F51525252535254525552565257525852
5153F51535253535354535553565357535853
5154F51545254535454545554565457545854
5155F
除籍
51555255535554555555565557555855
5156F
譲渡
51565256535654565556565657565856
5157F51575257535754575557565757575857
5158F51585258535854585558565857585858
5159F51595259535954595559565957595859
5160F51605260536054605560566057605860
5161F51615261536154615561566157615861
5162F51625262536254625562566257625862
5163F51635263536354635563566357635863
5164F51645264536454645564566457645864
5165F51655265536554655565566557655865
5166F51665266536654665566566657665866
5167F51675267536754675567566757675867
5168F51685268536854685568566857685868
5169F
(Ⅱ)
51695269536954695569566957695869
5170F51705270537054705570567057705870
5171F51715271537154715571567157715871
5172F
(Ⅱ)
51725272537254725572567257725872
5173F
(Ⅱ)
51735273537354735573567357735873
5174F
(Ⅱ)
51745274537454745574567457745874
5175F51755275537554755575567557755875
5176F51765276537654765576567657765876
5177F
特殊仕様
51775277537754775577567757775877
5178F
製造中?
51785278537854785578567857785878

5470〜72,5570,5571:5000系2次車

5576:Sustina仕様

5050系4000番台・東横線・10両

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T3)
サハ
(T2)
デハ
(M)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
4101F

4101


4201


4301


4401


4501


4601


4701


4801


4901


4001
4102F

4102


4202


4302


4402


4502


4602


4702


4802


4902


4002
4103F

4103


4203


4303


4403


4503


4603


4703


4803


4903


4003
4104F

4104


4204


4304


4404


4504


4604


4704


4804


4904


4004
4105F4105420543054405450546054705480549054005
4106F4106420643064406450646064706480649064006
4107F4107420743074407450746074707480749074007
4108F4108420843084408450846084708480849084008
4109F4109420943094409450946094709480949094009
4110F4110421043104410451046104710481049104010

デハ4601〜4604:元デハ5118,19,22,21

4000番台化に際して17インチワイドディスプレイに交換されるも、5000系仕様維持・足回りと走行音も5000系由来

5080系・目黒線&新横浜線・6両(8両化予定)

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
5181F518152815381548155815681
5182F518252825382548255825682
5183F518352835383548355835683
5184F518452845384548455845684
5185F518552855385548555855685
5186F518652865386548655865686
5187F518752875387548755875687
5188F518852885388548855885688
5189F518952895389548955895689
5190F519052905390549055905690

6000系・大井町線・7両(元6両)

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M)
デハ
(M)
サハ
(T)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
6101F
6101

6201


6301Q
元6301
6401
元6401
6501
元6501
6601
元6601
6701
6102F
6102

6202


6302Q
元6302
6402
元6402
6502
元6502
6602
元6602
6702
6103F
6103

6203

6303
元6303
6403
元6403
6503
元6503
6603
元6603
6703
6104F
6104

6204

6304
元6304
6404
元6404
6504
元6504
6604
元6604
6704
6105F
6105

6205

6305
元6305
6405
元6405
6505
元6505
6605
元6605
6705
6106F
6106

6206

6306
元6306
6406
元6406
6506
元6506
6606
元6606
6706
休車・用途不明デハ(M)
元6101F6301
元6102F6302

デハ6101Q,6102Q:Qシート組み込み新造車

デハ6303〜6306(太字):7両化増備車

用途不明:7両化増備車のうちQシート組み込みで外された車両・5080系組み込みか?

5000系6扉車・除籍解体済

形式サハ(T3N)サハ(T2N)サハ(T1N)
元5104F540455045804
元5105F540555055805
元5106F540655065806
元5107F540755075807
元5108F540855085808
元5109F540955095809
元5110F541055105810
元5111F541155115811
元5112F541255125812
元5113F541355135813
元5114F541455145814
元5115F541555155815
元5116F541655165816
元5117F541755175817
元5120F542055205820

横浜高速鉄道Y500系

形式クハ
(Tc2)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
サハ
(T2)
サハ
(T1)
デハ
(M2)
デハ
(M1)
クハ
(Tc1)
Y511FY511Y541Y551Y561Y571Y581Y591Y501
Y512FY512Y542Y552Y562Y572Y582Y592Y502
Y513FY513Y543Y553Y563Y573Y583Y593Y503
Y514FY514Y544Y554Y564Y574Y584Y594Y504
Y515FY515Y545Y555Y565Y575Y585Y595Y505
Y516F
事故除籍
Y516Y546Y556Y566Y576Y586Y596Y506
元5156F
Y517F
元5156
Y517
元5256
Y547
元5356
Y557
元5456
Y567
元5556
Y577
元5656
Y587
元5756
Y597
元5856
Y507

関連記事はこちら

コメント