公営,中小私鉄,三セク

東急電鉄

【本牧・根岸延伸なるか】横浜高速みなとみらい線 留置線建設計画資料が更新

横浜高速鉄道みなとみらい線は、2004年2月1日に開業した、横浜〜元町・中華街駅を結ぶ鉄道路線です。 開業から現在まで、東急電鉄の元住吉検車区を間借りする体制で車両保有を続けていますが、以前より自社線内の留置場所確保・終着駅...
JR東日本

【愛称表示あり】特急「富士回遊」臨時便の車両がE257系5500番台に

JR東日本と富士急行では、2019年3月から新宿から富士山駅・河口湖駅に直通する特急「富士回遊」の運転を開始しており、定期列車はE353系3両編成・臨時列車はE257系500番台5両編成とされていました。 JR側での車両機器...
実車

【元 東武20000系列】アルピコ交通クハ,モハ20100形が改造を終え新村車両所へ

以前より動向が注目されていた、アルピコ交通(旧:松本電鉄)上高地線向けの新形式。 京王重機整備北野事業所を2021年12月25日晩に出場し、28日未明にかけて陸送にてアルピコ交通新村車両所へ輸送が実施されました。 ...
JR東日本

【ダイヤ改正2022】東海道線特急〜池袋「踊り子」臨時化・“修善寺編成”運用減

JR東日本では2021年12月17日、新幹線と在来線の大規模な運転本数見直しを発表しており、在来線特急についても各方面で大規模な変更が行われます。 東海道線特急「踊り子」「湘南」では、1988年から運転されていた山手貨物線池...
東武鉄道

【会津鉄道ダイヤ改正2022】普通列車の東武,野岩鉄道直通終了・気動車化〜本数も減少

会津鉄道は2021年12月17日、2022年3月12日のダイヤ改正の概要を発表しました。 前週に東武鉄道・野岩鉄道がダイヤ改正の概要を発表(過去記事)していましたが、長年続けられてきた両社との直通運転も大きく運転体系を変える...
実車

【虹色装飾】横浜市交通局ブルーライン新型4000形が落成!4621編成甲種輸送

横浜市営地下鉄ブルーラインでは、これまで運用していた3000形各区分のうち、最初期の3000A形の置き換えを開始します。 以前に新区分の3000V形投入が示されていましたが、このたび落成した車両は新たな形式となる4000形と...
公営,中小私鉄,三セク

【横浜市交通局】ブルーライン新型「4000形」今月落成・来年5月デビュー

横浜市交通局では2021年12月13日、横浜市営地下鉄ブルーラインの新型車両「4000形」の車両仕様を発表しています。 従来車とは大きく異なるデザインとなっているほか、年内の落成となることも示されています。 3...
JR東日本

【4+4両】元209系2100番台「伊豆急3000系」に〜8両編成で運用か

2021年7月・11月に伊豆急行に譲渡されて注目されたJR東日本209系2100番台。 12月11日、伊豆高原で開催されたイベントにて、伊豆急行での形式名が「3000系」であること、「8両編成」とされることが明らかになりまし...
公営,中小私鉄,三セク

【大阪メトロ】万博見据えた“宇宙船”新型400系・新区分30000A系を中央線に投入

Osaka Metroは2025年に開催される大阪・関西万博に向け、従来運行されている中央線のメインアクセスルートとして期待されている中央線について、「新型車両400系と新造車両30000A系を中央線に導入します」(外部リンク)と...
東京都交通局

【同一形式で置換】都営新宿線10-300形増備車10-650Fが営業運転開始

東京都交通局では、都営新宿線の輸送力増強として所有車両の10両化を順次進めてきました。8編成が8両編成で残されていましたが、2021年度から2022年度にかけて置き換えが進められます。 このうち、最初の編成となる10-650...