【引退間近】踊り子号の自由席やスーパービューのお得な短区間利用例

スポンサーリンク

185系・251系が2020年度末に引退する見通しとなっています。

残りわずかな踊り子号やスーパービュー踊り子号に乗ってみたい!

でもお金が……そんな方・特に乗り納めをしておきたい乗り鉄さん向けの記事となります。

(2018 11/13 16:30 JR東海区間を含む場合について加筆しました)

消費増税8%の記事となります。

新しい値段の記事は準備中です。

185系踊り子号自由席は普通列車グリーン車より安い?

踊り子号自由席は短区間利用がお得!

普通列車グリーン車、乗り鉄の皆さまなら、誰しも一度は活用していますよね。

そんな普通列車グリーン車ですが、踊り子号自由席より高いことはご存知でしょうか?

踊り子号の自由席は、50km以内なら510円、51km~100kmなら930円です(熱海~三島を通らない場合)。

メリット

車両が貴重

短区間だと普通列車グリーン車よりお得

平日だと自由席の方が空いている場合もある

デメリット

青春18きっぷ利用不可

平日は一日3往復

空いている修善寺編成や、ほとんどの臨時便は車内販売なし

好きでなければうるさいモーター音

土曜下り・日曜上りは混む便も

意外と高い普通列車グリーン車

平日は通勤時間帯の利用があるため、割高な料金設定となっています。

かたや、踊り子号の自由席は安くて早いです(お世辞にも快適とは言えませんが)。

ただし、土休日は51km~の場合は普通列車グリーン車の方が安くなります。

営業キロ平日平日土休日土休日
普通グリーンB自由席特急 普通グリーン B自由席特急
~50km770円510円570円510円
51km~100km980円930円780円930円

101km以上は踊り子自由席が1,340円となり、普通列車グリーン車が圧勝です(東京~伊東など)

踊り子号区間別特急料金表

お得な区間としては品川~熱海・横浜~伊東・三島が90km代で割安に楽しめます。

特に横浜~修善寺は、横浜~伊東間99.8km+伊豆箱根鉄道駿豆線内無料ととってもお得です。

※ただし熱海~三島間を含んだ区間については、JR東日本のB特急料金ではなく、JR東海の50km以下:650円、51km~100km:880円、101km~150km:1,410円が適用されます。

縦が東側発着駅、横が西側発着駅です。

 ~大船小田原湯河原
熱海
網代伊東伊豆急線

三島~

修善寺

東京51093013401340134017501410
品川5109309301340134017501410
川崎510930930930134017501410
横浜5109309309309301340980
大船5109309309301340980
小田原~5105105101340650

185系踊り子号グリーン車は遜色?使い方によっては快適!

10両編成の踊り子号はグリーン車が空いている!

割高なイメージのある185系踊り子号グリーン車ですが、メリットとしてはとにかく空いています。

時間の制約がなければグリーン車層は251系スーパービュー踊り子号に乗られること、10両編成だと2両あるグリーン車はとにかく空いています。

指定席券売機だと4号車が自動チョイスされるプログラムなようで、平日の5号車だと貸切の場合さえあります

7両編成の踊り子号グリーン車は、座席が貴重なので乗る価値あり

上記では踊り子号のグリーン車は10両編成が快適と記していますが、乗り鉄の皆様なら7両編成の方が魅力的です。

全国的にも貴重な国鉄のグリーン車標準座席のR27が、改良されながらも現役で残っています。

メリット

座席や内装がレアなので趣味的には面白い

デメリット

土日しか運転がない・グリーン車1両なので、混んでる場合もある

スーパービュー踊り子号のグリーン車は51km~100kmがお得!

スーパービュー踊り子号は快適過ぎる車内で有名ですね。

3列シート、驚異の1300mmのシートピッチ、おしぼりとドリンクのサービスといった贅沢仕様ですが、A特急のグリーン車なんてお高いんでしょう?というイメージがあります。

しかし、横浜~伊東のような51km~100km区間なら、通常期ならSVO指定席+510円で乗ることができます。

これは、指定席特急券料金が50kmずつ上がっていくのに対し、グリーン指定席特急券のグリーン車部分の値段は1000kmごと。101kmを超えるとグリーン料金が一気に跳ね上がります。

メリット

貴重なグリーン車サービスが受けられる

(=320円の車内販売コーヒーがサービス)

快適過ぎる車内

グリーン車旅客専用のサロン室が使える

デメリット

該当区間が少ないので、使い道が難しい

伊豆急線内区間利用編~上手く使って快適に移動

伊豆急線内の区間利用はあまり多くないかと思いきや、日中時間帯の普通電車が少ないこと、意外と所要時間が長いことから利用例は多いようです。

伊豆急線内区間利用の情報は少ないので、事前リサーチで効率よく利用したいですね。

伊豆急の特急自由席回数券は破格の値段設定!しかし使いにくい

伊豆急線内の踊り子号の自由席特急料金は410円。

これだったらスーパービューの510円の方が快適です。

しかし、伊豆急線内には「特急自由席回数券」が存在します。

こちらは、伊豆急線内の踊り子号自由席が100円になるものです。

10枚つづりで1000円です。

3枚使えば元が取れるので、2名で一往復使う等でもお得になります。

尤も、伊豆急線内の日中の本数が少ない為、地元民への救済措置という色合いの強い切符ですので、伊豆急管轄有人駅でしか購入出来ません

車内や伊東駅でも買えないので、制約が大きいですが、上手く活用したいですね。

メリット

破格の安さ

使い切らなくても元が取れる

6ヶ月という有効期間の長さ

デメリット

伊豆急線内各駅でしか発売していない

スーパービュー踊り子号・マリンエクスプレス踊り子号には差額精算でも使えない

平日は3往復しか走っていない為、使い道に困る

伊豆急線内のグリーン車料金が格安

スーパービューのグリーン車が快適なことは先述の通りですが、伊豆急線内のスーパービュー普通車・グリーン車の差額は670円です!

知ってか知らずか、週末になると伊豆急線内区間利用もあるようです。

また、乗り鉄の方なら、伊東で特急料金が完全に分断されている為、伊東以北を普通車・伊東以南をグリーン車で乗り比べという使い方もありです。

グリーン車サービスを受けられてこの差額なら、乗らない理由はないですね♪

メリット

670円の差額で快適なグリーン車を使える

デメリット

そもそもの乗車券代・指定席券代が高いので、総額で見ると結構高い

グリーン車個室は伊豆急線内区間利用は発売不可

とても高い乗車券代は、フリーきっぷで節約♪

伊豆急線内まで乗ると、乗車券代が高くついてしまいますね。

踊り子号系統にはえきねっとトクだ値が設定されていないので、こちらで節約するのが吉です。

少しでもお得に済ませたい方には、上記の特急券と合わせて使えるフリー切符がおすすめです。

東京方面~伊豆急線:南伊豆フリー乗車券

伊豆急線内完結利用:伊豆満喫きっぷ

関連記事はこちら

動画資料集

YouTubeチャンネル【鉄道ファンの待合室資料館】にてこの列車についての動画を公開しています。チャンネル登録・コメント・評価もお願いします。

【引退間近】251系スーパービュー踊り子号・上りと下りが離合・ミュージックホーン
【富士山×185系】踊り子115号修善寺行・三島二日町〜大場を通過!
【海バック】251系スーパービュー踊り子5号が相模湾を背景に走行!
【スーパービュー故障】SV踊り子3号代走・OM03+B7編成・伊東駅

コメント

  1. Whiteberry Railway より:

    この記事を読ませていただきましたが、初心者のスーパービューユーザーでもわかるミスがありました。明らかな打ち間違いは見逃すとしても、

    ※伊豆急行線内の特急料金は、区間にかかわらず均一です。
    ・自由席特急料金 410円
    ・指定席特急料金 510円
    ・グリーン料金
    スーパービュー踊り子・リゾート踊り子・マリンエクスプレス踊り子 770円、踊り子号 510円
    (上記自由席特急料金にプラスとなります)

    この条文を見る限りスーパービュー踊り子のグリーン車に乗る場合、自由席特急料金 410円+スーパービュー踊り子・リゾート踊り子・マリンエクスプレス踊り子 770円の合計1180円に見えるのですが…

    • ときぱて より:

      Whiteberry Railwayさま

      閲覧・コメントありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます。

      仰るように、1,180円となりますので、差額は670円でした。
      自由席特急料金410円分を足し損ねておりました。

      過去の私、会社マタギの運賃設定で頭がこんがらがっていたのかな……気を付けます……。