【SVO形式消滅へ】最後の生き残り!251系RE-4編成が長野へ廃車配給

スポンサーリンク

2020年3月13日に「スーパービュー踊り子号」30年の歴史に幕を下ろした251系。

順次廃車のための配給輸送が所属区から長野総合車両センターへ向けて運転されていましたが、9月2日から3日にかけ、残されていたRE-4編成の配給輸送が実施されています。

今回の輸送により、40両の251系全車両が本線上から姿を消し、廃車手続きを以って形式消滅となります。

夏が似合う電車“最期の夏”

今回廃車配給輸送が実施された251系宮オオRE-4編成は、スーパービュー踊り子号の増発に向け、RE-3編成とともに1992年に増備された車両です。

他編成同様に田町電車区(のちの田町車両センター)に配属され、2013年の田町車両センター閉所に合わせて大宮総合車両センター東大宮センターに転属しています。

251系は2002年〜2004年に外観・内装のリニューアル工事を施工していますが、このRE-4編成が最後まで原形維持(アジュールブルー・フューチャーグレーの登場時塗装など)をしていました。

最後のリニューアル工事施工となったためか、サロン室などに増設された仕切り扉の形状が違うなどの細かい差異が特徴的な車両でした。

251系にとっては最後の営業列車となった快速「ホームライナー小田原23号」にはこの編成が使用されており、その後は国府津車両センター・川越車両センターでの疎開を経て、東大宮操車場の北端の引き上げ線にて留置される日々が続いていました。本線上・構内入れ替えともに最後に自走した車両となりました。

RE-1〜3編成の輸送が行われてから久しく期間が空きましたが、8月末に他編成同様にパンタグラフの撤去・配給輸送に備えたブレーキ設置などの輸送準備が実施され、動向が注目されていました。

最後となった配給輸送は前回のRE-1編成同様に深夜帯の走行となったものの、始発となる東大宮操車場を少し早く出る、異なるダイヤにて運転されています。

このため、前回とは停車駅パターンが異なり、撮影箇所が限られる夜間帯に新たな絵が生まれました。

251系4編成の運用離脱後の動き

最終営業列車疎開廃車配給
RE-13/13 3060M3/14 東大宮→川越
5/18 川越→東大宮
7/1~2
RE-23/13 3063M3/13 伊豆急下田→国府津
3/17 国府津→東大宮
3/17 東大宮→国府津
4/23 国府津→東大宮
5/20
RE-33/8 9014M疎開なし4/22
RE-43/13 3453M3/18 国府津→東大宮
3/18 東大宮→国府津
5/21 国府津→川越
6/16 川越→東大宮
9/2〜3

トップナンバーも全車解体!保存叶わずか

長野へ配給輸送が済んでいるRE-3・RE-2・RE-1(輸送順)の3編成ですが、既に全車両が解体済となっています。

保存が期待されていたトップナンバーについても全車両が解体されており、この動向から251系の車両単位での保存は実現しないものと考えられます。

伊豆半島の看板車両として長年君臨し続けた車両だけに、残念がる声が多いのも自然でしょうか。

近年ではE351系「スーパーあずさ」が同様に全車解体となっています。

全国各地にファンが居る国鉄型と異なり、平成初期に登場したJR黎明期の車両保存は各社ともあまり積極的ではない印象です。

独特の顔立ちを見ることはできなくなる一方で、ファンから英語の“第三文系”と呼ばれることもあったSVOロゴマークは解体前に外されており、今後のイベントなどでの部品販売などは実現しそうです。

思いは引き継がれる……

過去記事でも紹介していますが、新たな看板特急「サフィール踊り子号」E261系には、251系のDNAが数多く継承されています。

相模湾・太平洋の大海原を楽しめる眺望性は、車体構造こそ大きく異なるものの継承されています。

座席サイズ・シートピッチが自慢だったグリーン車座席は、お値段据え置きでE5系などと同様の座席となりました。更に「プレミアムグリーン車」として、更に豪華な座席も設定されています。

251系の「サロン室」はE261系の「ヌードルバー」として、寝台特急を除くと異色の車内供食列車となっています。251系では2018年3月改正で車内調製メニューが廃止されていましたので、これは意外に感じた方も多いのではないでしょうか。

251系のグリーン車の魅力を発展させたE261系の更なる活躍にも期待したいところですね。

一方で、251系で根強い人気があった10号車「子供室」(キッズルーム)など、観光特急の普通車としての特徴は、E257系・E261系ともに継承されていません。

親子連れの方々にはサフィール踊り子号の個室車両がおすすめですが、親子連れの層が気軽に利用できるような座席設定については、既に20年選手で転用されたE257系の代替時に期待といったところでしょうか。

【形式消滅へ】251系廃車回送最終回!RE-4編成長野へ配給輸送〜全区間追っかけ

過去3回の配給輸送の記事

・4月22日施行 RE-3編成

・5月20日施行 RE-2編成

・7月1日〜2日施行 RE-1編成

その他の251系記事

コメント

  1. 一読者 より:

    今回、撮影マナーの問題があり、深夜の廃車回送となったが、
    とあるブログで「撮り鉄=障害者」といった差別的内容があった。

    そのブログは以前から何度も障害者を差別する内容があり、
    只でさえ鉄道ファンが世間から厳しい目で見られているのに、

    「鉄道ファンは鉄道会社に迷惑をかける上に、障害者を差別するのか」と
    より厳しい目で見られるようになり、
    これ以上、鉄道ファンが肩身の狭い思いをすることが無いように誰もが気を付けて頂きたい。

    あと、噂では鉄道が好きでもないのに、鉄道ファンのイメージダウンを狙って、
    わざと迷惑行為をしている「偽撮り鉄」がいるようだが、
    こう言う人間は二度と鉄道撮影に来ないで欲しい。